将来のための資産運用「iDeCo」。証券会社を比較しよう~ネット証券~

株初心者向け

年金への不安などから「将来の老後の資金は自分で作ろう」と考えている人も多いのではないでしょうか。

株式運用、FX運用、投資信託など様々な金融商品がありますが、老後のための資産なので、あまりリスクが高い商品での運用は向いていません。

今注目されているのは、個人型確定拠出年金「iDeCo(イデコ)」です。

「iDeCo」とは、自分で作る年金制度で、加入者が毎月一定の金額を積み立て、自分が選択した金融商品で運用し、60歳以降に年金または一時金で受け取る制度です。

「iDeCo」は専用口座を開くことで始めることができます。

「iDeCo」を取り扱っている金融機関なら全て同じというわけではありません。運用商品のラインナップも異なりますし、手数料なども異なります。

今回は、ネット証券の「iDeCo」を比較してみましたので、運用を考えている人は参考にしてください。

手数料を比較

「iDeCo」では、加入時、運用時、受取時などに手数料がかかります。どれくらいの手数料がかかるか比較してみました。

手数料の比較表

このように手数料を比較してみると、ネット証券の場合、手数料ではどの証券会社でも変わらないようです。

しかし、だからと言ってどの証券会社でもいいという訳ではありません。取り扱っている商品内容もきちんと見てからにしましょう。

商品内容を比較

では、上記にあげたネット証券会社が扱う商品内容を比較してみましょう。
商品内容の比較表

商品内容を比較してみると、それぞれの証券会社によって扱う商品が異なることがわかります。外国株式の投資信託で運用したい人は、SBI証券の「iDeCo」を利用するという選択が可能です。

格付けは低いが利回りが良いハイイールド債の投資信託で運用したいなら楽天証券。

投資対象を選択して比率を決めていく複合資産型で運用したいなら、カブドットコム証券かSBI証券を選ぶのがいいということがわかります。

このように、証券会社によって取り扱っている商品が異なるので、自分はどのように運用していきたいかを決め、自分の運用方法にあった商品を取り扱っている金融機関で口座を開くようにしましょう。


お問い合わせや投資に関するご相談はお気軽にコチラまでどうぞ。

関連記事一覧

カテゴリー

アーカイブ

検索