将来の資金は自分で!iDeCoで老後に備えよう

株初心者向け

「老後2000万円不足」のニュースを聞いて、自分の老後に不安を持った人も多いのではないでしょうか。

しかし、今まで投資を行ったことのない人が、いきなり株式投資で資産を作ろうと思っても難しいです。

そこで、今よく目にするiDeCo(イデコ)なら、投資初心者の方でも始めやすいかと思います。

今回は、iDeCoとはどんなものか初心者の方向けにわかりやすくご説明します。

iDeCoとは?

最近、耳にしたり目にしたりする機会が増えてきている「iDeCo」とはどのようなものでしょうか。

iDeCoとは個人型確定拠出年金のことで、確定拠出年金法に基づいて実施されている私的年金の制度です。

平成29年1月から、基本的に20歳以上60歳未満の全ての方が加入できるようになりました。より豊かな老後の生活を送るための資産形成方法の一つとされています。

ただし、企業型確定拠出年金に加入している方は、企業型年金規約でiDeCoに同時に加入してよいと定められている場合のみ、iDeCoに加入することができます。

は税制が優遇

iDeCoへの加入はするかどうかは自分で決めることができます。そのため、企業年金などとは異なり自分で掛金を出し、運用方法を選択し、掛金と運用益の合計を受け取る形になります。

ただし、掛金、運用益、そして給付を受け取る時には、税制上の優遇措置があります。

■掛金:全額所得控除
例えば年収500万円、毎月1万円(年12万円)の掛金の場合、所得税20%、住民税10%なので、所得税12万×20%=24000円、住民税12万円×10%=12000円で、年間合わせて3万6000円、税金が軽減されます。

■運用益:非課税
通常、投資信託などで運用益がでた場合、約20%の税金がとられますが、iDeCoは運用益に税金がかかりません。

■給付:種類によって非課税・控除対象
積立年金を受け取る際の種類や受取方法によって、異なる税制メリットがあります。
老齢給付金で年金として受け取る:公的年金等控除が適用
老齢給付金で一時金として受け取る:退職所得控除が適用

このように、老後の資金として備えるのであれば、iDeCoを利用すると税制面でもメリットがあります。

iDeCoを始めるには

では、iDeCoに加入しようと思った時、どこで始めればいいのでしょうか。

それは、証券会社です。

ただし、株式などの口座とは別になるので、利用している証券会社であっても再度iDeCoの口座を開設する必要があります。

また、各証券会社でiDeCoを始めるにあたって、初回手数料や資産管理手数料などがかかります。証券会社によっては運用管理手数料をとられるところもあります。

そのため、株式などの口座をもっているから同じ証券会社でと安易に考えるのではなく、iDeCoを始めるにはどの証券会社が良いかきちんと調べてから口座を開くようにしましょう。

自分の老後をより豊かにするためには、自分で資産を形成する時代です。

株式投資などに不安がある初心者の方はiDeCoを資産形成の1つの手段として考えてみてはいかがでしょうか。


お問い合わせや投資に関するご相談はお気軽にコチラまでどうぞ。

関連記事一覧

カテゴリー

アーカイブ

検索