初心者向け!信用取引の仕組みについて学ぼう

株初心者向け

株式取引には現物取引と信用取引の2種類があります。現物取引は多くの方が行っているような、株価が下がったらその株価で株式を買い、株価が上がったら株式を売って利益を得る方法です。

もう1つの信用取引は、ハイリスクハイリターンとよく聞くので初心者の方には、なかなか手を出しにくいのではないでしょうか。

今回は、そのような初心者の方向けに、信用取引の仕組みについてわかりやすく説明します。仕組みを理解できれば、信用取引を行う不安も少しは解消されるかもしれません。

信用取引とは?

信用取引とは、簡単に言うと「自分を信用してもらって、持っている資金以上の取引を行うこと」です。

もし株式取引で現物取引しかできないとすると、資金がなければ欲しい銘柄は購入できず、また株券を保有していなければ売ることもできません。

こうなると、株価はわずかな取引でも大きく動く可能性が高くなります。それを防ぐために導入されたのが信用取引です。

信用取引があれば、資金がなくても担保を入れれば手持ちの資金以上の大きな売買ができ、市場が公正な価格を保ちやすくなると考えられています。

信用取引は、保証金として手持ちの資金や株券を担保に入れると担保の評価額の約3.3倍までの取引ができます。

信用取引の仕組み

信用取引の売買には買建と売建があります。

買建は、保証金を担保に証券会社から資金を借りて株式を買うことを言います。この時に借りた資金を返却するには方法が2つあります。

1つは、買建で購入した株式(買建玉)を売って返済します。売却代金のうち、最初に借りた買付け代金と手数料、金利分、諸費用を差し引いた差額が、お客様の利益または損失になります。

もう1つの方法は、買建玉の代金を貸手に支払い、株を引き取る方法(現引または品受)になります。

売建は、保証金を担保に証券会社から株式を借りて、売ることを言います。

売建は自分で株式を保有していなくても株式を売ることができる信用取引ならではの取引方法になります。

証券会社から借りた株式を返却する方法も2つあります。

1つは売建した株式(売建玉)を、返済のために再度購入する方法です。最初に株式を売却した代金から、買い戻すために使う代金や手数料、諸費用を差し引いた金額が、利益または損失になります。

例えば、株式Aを100万円で売建します。その後株券の返済のため、80万円で買い戻します。この場合、利益は20万円になります。(実際は手数料や金利がかかる)もし、株式Aを100万円で売建した後、株価が下がらず120万円で返却買いをすれば20万円の損失になります。

このように、担保を入れることで、資金や株券を証券会社から借りて取引を行うことが信用取引です。手持ちの資金以上の取引をするので、利益がでれば大きいですし、損失を出すと損失金額も大きくなります。

しかし、きちんと信用取引の仕組みや制度を理解しておけば初心者の方でも信用取引を行うことができます。

信用取引でリスクを軽減する方法はこちらをご覧ください。


お問い合わせや投資に関するご相談はお気軽にコチラまでどうぞ。

関連記事一覧

カテゴリー

アーカイブ

検索