初心者必見!信用取引でリスクを軽減するためには?

株初心者向け

株式取引には、現物取引のほかに信用取引があります。初心者の方でもご存知かと思いますが、信用取引はリスクが大きいというイメージをお持ちではないでしょうか。

信用取引は確かにハイリスクハイリターンです。しかし、取引方法によってはリスクを軽減することができます。今回は信用取引で利益を得るにはどのようにしたら良いかについてご紹介します。

信用取引とは?

信用取引とは、簡単に説明するなら「自分を信用してもらうことで、持っている資金以上の金額で株式取引をすること」です。

通常取引では、100万円の資金を持っていたら、購入できる株式は100万円までです。しかし、信用取引だと資金は100万円しかなくても、330万円までの取引ができます。

信用取引は、現金・株式・投資信託を担保に、その担保である保証金の約3.3倍までの額の取引が可能です。そのため、資金が100万円の場合は3.3倍の330万円まで取引できることになります。

このように、担保(保証金)を入れることによって投資額を増やすことができるということは、利益も倍、3倍得られる可能性があるということです。ただし、損失を出した時は、損失額も倍、3倍になることを忘れないでください。

信用取引を行う際は、資金に十分な余裕を持って行うようにしましょう。

信用取引でリスクを軽減するには?

前述した通り、信用取引はハイリスクハイリターンです。しかし、信用取引の利点を活かすことで、リスクを少なくすることができます。

信用取引の利点とは、回転売買です。現物取引の場合、1日で取引できるのは「買い→売り→買い」までです。しかし、信用取引は1日に何回でも取引ができます。これを活かして、1日の中で大きな損失を避けながら回転売買をすることで利益を積み上げていく方法があります。

例えば、9時に銘柄Aを100万円で買い10時に103万円で売ります。12時半に102万円でまた銘柄Aを買い13時に105万円で売却。このように、相場を見ながら何度でも売買を行う方法です。

この時に大幅に利益がでるのを待つのではなく、少額でも利益が出たら決済することがポイントです。もちろん損失がでる場合もあります。

しかし、同じ日の取引なので損失も少額で済みます。

この方法で大事なのは、相場が予想と違う方向に進んだら、損失が小さいうちに迷わず損切をすることです。

また、利益が出ている時も翌日まで持ち越さず、利益が出ているうちに決済をすることです。

回転売買を活用して取引をする方法は、その日のうちに決済をする短期売買なので、大きな利益を得ることはあまりないかもしれません。それでも、信用取引なので現物取引よりは利益を得ることができますし、その日のうちに決済することで損失の幅も小さくてすみます。

信用取引を始めてみたいと思っている初心者の方は、まずは少額からこの方法で行ってみてはいかがでしょうか。


お問い合わせや投資に関するご相談はお気軽にコチラまでどうぞ。

関連記事一覧

カテゴリー

アーカイブ

検索