初心者向け!ラップ口座とは何か?

株初心者向け

証券会社などで「ラップ口座」という名前を耳にしたことがある方も多いと思います。

では実際に「ラップ口座」とは何かご存知でしょうか。

今回は、初心者向けにラップ口座とは何か、

ラップ口座のメリット・デメリットについてわかりやすく説明したいと思います。

「ラップ口座」とは何か?

ラップ口座とは、個人が証券会社や信託銀行と投資一任契約を結び運用方針を決定したうえで、実際の資産の運用・管理を証券会社などが行うサービスです。

簡単に言うと、資産運用お任せサービスといったところでしょうか。

ラップ口座は運用内容等の違いから「SMA」と「ファンドラップ」の2つに分けることができます。

「SMA」とはSeparately Managed Account(別々に管理された口座)の略で、株式から債券、投資信託まで幅広く、かつ直接投資することが可能です。

最低投資金額が数千万円、中には1億円からというものもあり、いわゆる富裕層を対象としています。

ラップ口座はお金を持っている人向けと思っている方はこのSMAをイメージしているのでしょう。

もう1つの「ファンドラップ」は、新しいタイプのラップ口座でSMA同様、基本的には投資を金融機関に一任するサービスです。

しかし、運用する商品は基本的に投資信託で、異なるタイプを複数組み合わせていきます。

「ファンドラップ」の方が人気の理由は、最低投資金額がSMAより格段に小さいからです。

SMA、ファンドラップともに窓口取引が可能ですが、楽天証券や大和証券の「ダイワファンドラップオンライン」などオンラインのファンドラップだと、最低金額が10万円や最低金額が1万円で毎月1万円ずつ積み立てていくことができます。

老後に備えて資金を積み立てていきたいが、何に投資して良いかわからないという人には、運用をお任せできるので人気のようです。

ファンドラップのメリット、デメリット

ファンドラップなら、少額から資産運用ができ運用はプロに任せることができると良いことばかりのように思えます。

しかし、ファンドラップにはデメリットもあります。

デメリットとしては、投資信託に組み入れられた株式や債券等の価格が変動し損失を負うリスクがあります。

これは、株式に投資する時と同じです。

また、契約資産に対して毎年一定の手数料がかかるため、コスト負担が重くなる場合もあります。

ファンドラップを考える場合、手数料は固定報酬型と成功報酬型があり、証券会社・信託銀行によって手数料は異なりますので、この手数料のこともきちんと考えて選んでください。

ラップ口座は売買手数料がかかりません。

しかし、口座にかかる手数料は総資産の2%前後のところが多く、高いです。

さらに投資信託に投資をすると別に信託報酬がかかるので、より手数料は高くなります。

プロの投資家に運用を一任できるメリットと、運用から得られる利益、口座の手数料などを鑑みながらラップ口座を利用するか考えてみましょう。


お問い合わせや投資に関するご相談はお気軽にコチラまでどうぞ。

関連記事一覧

カテゴリー

アーカイブ

検索