初心者向け!ローソク足を見て、株価の動きを予測しよう

株初心者向け

株式投資ではチャートを見て、長期ではその銘柄がどのトレンドにあるか、短期では明日の株価の動きを予測したりします。

ローソク足を1つだけ見てもその日の株価の動きがわかりますが、ローソク足を複数見ることで今後株価がどう動くか予測することができます。

ここでは、2本のローソク足を組み合わせて、どのように株価を予測するかをご紹介します。

基本的なローソク足の見方を知りたい人はこちら↓

株価予測は2本のローソク足

ローソク足は1つでも多くの情報を含んでいて予測可能ですが、2本のローソク足を組み合わせてみると、より確かに株価を予測することができます。

1.包み足(もしくは抱き線)

包み足は最初に短いローソク足があり、次に最初のローソク足より長いローソク足がある形のことを言います。

白と白、黒と黒のように同色の場合もありますが、相場の反転を示すのは図1のように色違いの場合です。

1.の場合、上昇(白いローソク足)の後に長い下落(黒いローソク足)が出ています。これは、反落のサインです。反対に②は反発のサインになります。

2:はらみ線

包み足の短いローソク足と長いローソク足の順番が入れ替わった場合は、はらみ線と言います。

①の場合は、天井を示すはらみ線で、この後、株価は下落すると予測されます。ポイントは最初に陽線(白いローソク足)がくることです。

逆に最初に陰線(黒いローソク線)がある②は底を示すはらみ線で、この後上昇が予測できます。

このように2つのローソク線を組み合わせることで、株価の予測ができるようになります。

なぜ2本のローソク足?

では、どうして2本のローソク足を組み合わせる方が、1つのローソク足を見るより株価の予測が確実になるのでしょうか?

1つのローソク足でも上ヒゲや下ヒゲが極端に長いと株価の予測は簡単です。

ですが、ヒゲの長さが同じくらいだったりすると、予測は難しくなります。

しかし、2本のローソク足を1つのローソク足にしてみると、なぜ2本のローソク線を見るのか理由がわかります。

3:包み足を1つのローソク足にしてみる

図3を見るとわかるように1つにまとめると下ヒゲの長い陽線(下影陽線)になります。

これは反発のサインであることはご存知の方も多いと思います。

4:はらみ線を1つのローソク足にしてみる

図4をみると、こちらのはらみ線は上ヒゲの長い陽線(上影陽線)になります。

こちらも反落が予測できるローソク線です。

このように、2本のローソク線を組み合わせることで、予測が難しいローソク足でも株価を予測しやすくなります。

ローソク足の見方は簡単ですが、2本のローソク足を組み合わせて株価を予測するのは、形が似ており覚えるのも難しいです。

これは実践あるのみなので、気になる銘柄のチャートで何度もローソク足を見て予測をしてみましょう。


お問い合わせや投資に関するご相談はお気軽にコチラまでどうぞ。

関連記事一覧

カテゴリー

アーカイブ

検索