初心者向け!基本のローソク足の見方

株初心者向け

株式投資を行う上でチャートの見方を覚えることは必要不可欠です。

チャートには移動平均線や出来高などの情報もありますが、今回は基本のローソク足の見方についてご説明します。

ローソク足とは?

ローソク足とは日本のチャートの代表であり、世界の中でも精巧に工夫されている罫線であるとも言われています。

4本値(始値・高値・安値・終値)を表しており、これを見るだけでその日1日の株価の動きが分かります。

さらに、慣れてくるとその形を見て、明日の株価は上がるか下がるかも予想ができるようになってきます。

ローソク足は始値より終値が高いと白抜きもしくは赤色などで表示され、始値より終値が安いと黒抜きもしくは青色で表示されます。

ローソク足の見方

ローソク足にはいくつか形があります。

こちらの形は、チャートで見た事があるという方も多いと思います。

白抜き(チャートによっては赤色)は、四角の下の辺が始値を示し、上の辺が終値を示しています。

つまりその日は「朝の寄り付きより高く引けた」ということです。

色が黒抜き(もしくは青色)の場合は、始値が上辺、終値が下辺と反対になり「寄り付きより安く引けた」ことを表します。

始値と終値を示す四角の上下に線がついていますが、こちらはヒゲと呼ばれています。上についているヒゲはその日の高値を示し、下についているヒゲはその日の安値を示しています。

始値・高値・安値・終値の4つの値を四角と線で表し、白か黒、もしくは赤か青で始値より上がって/下がって終わったかを表しています。

色々なローソク足

ローソク足は4つの値の動きでできていると説明しましたが、動きによって色々な形になります。

上記で説明した以外にどのような形があるかご紹介します。

図1から上下のヒゲをとり、四角だけの形です。

こちらは、白抜き(もしくは赤色)の場合は、下辺が始値と安値を表し、上辺は終値と高値を示しています。

始値より安くなることはなく、終値がその日一番の高値だったことを表します。

逆に黒抜き(青色)の場合は、終値がその日一番の安値だったということです。

上にだけヒゲがある(上ヒゲ)場合、白抜き(赤色)の場合は安値は始値より下回らなかったことを示し、黒抜き(青色)だと終値が一番の安値だったことを表します。

図3とは反対に下にだけヒゲがある(下ヒゲ)形もあります。

これは、白抜き(赤色)の場合は終値がその日一番の高値だったことを示し、黒抜き(青色)の場合は始値と同じ値がその日一番の高値だったことを示します。

十字線だけで、四角がない場合もあります。

これは、ザラ場中高値、安値まで株価は動きましたが、結局終値が始値と同じだったという日に表示されています。

5パターンのローソク足をご紹介しましたが、ローソク足の見方がだいぶわかったのではないでしょうか。

ローソク足の見方を覚えると、移動平均線などと一緒に見てこれからの株価の動きを予測できるようになるので、初心者の方はまずはローソク足の見方を覚えましょう。

慣れると見方はとても簡単なので、色々な形のローソク足で練習してみてください。


お問い合わせや投資に関するご相談はお気軽にコチラまでどうぞ。

関連記事一覧

カテゴリー

アーカイブ

検索