損失を出すパターンと原因の究明

投資家マインド

プログレスマインド・渡部純一です。

投資で稼ごうと考えているのであれば、損失を出すパターンやその原因を認識しておく必要があります。

損失を出すパターンや原因を認識していないと、損失が拡大してしまいます。

損するパターンや原因といってもたくさんありますが、もっともよくあるパターンを紹介します。

ちょっと、質問をしますので少し考えてみてください。

「あなたが30万円で買った銘柄が、29.3万円に値下りし、7千円の含み損を抱えているとしま しょう。この状況下で、あなたは、この銘柄をいくらで売却したいと考えますか?」

人それぞれ売却したいと考える価格帯は違うでしょう。含み損を承知で、すぐに売却したいと考える人もいれば、利益を得たいため、31万円まで上昇するまで待とうと考える人、または、購入価格と同じ価格である30万円まで上昇してきたら、売却したいと考える人もいるでしょう。

上記の質問で、多くの方は30万円まで上昇したら売却したい、と考える人が圧倒的に多いだろうと判断することができます。

何故そのように判断することができるのか?ここには重要な投資家の心理が関わっています。

投資をする人の目的は、利益を上げることです。投資家の多くの人は、「損失を負うのは絶対にイヤだ!投資する銘柄は含み益で手仕舞いたい」という心理が働きます。

このような心理が働くので、30万円まで戻してきたら、売却すると判断する人が、どうしても多くなってしまうわけです。

30万円で売りたいと考えているという事は、あなた以外の30万円付近で購入した、その他の投資家も同じく30万円まで上昇してきたら、売りたいと考えていると判断することができます。

では、このような投資家心理が値動きに対し、どのような影響を与えるのか?ということについて考えてみましょう。

もし株価が反発して29.5万円、29.7万円と徐々に30万円に近づいてきました。そうすると、含み損を抱えている人が、買値まで戻してきたところを、売ってくるため、どうしても売り圧力が強くなってしまいます。

そのため、再度下落してしまうというパターンが非常に多いのです。

そして、再度下落してしまった局面では、投資家はこのように考えるようになります。

「さっきは30万円ぐらいまで戻してきたので、今度30万円まで上昇したら手仕舞いしよう」と考えるようになります。しかし、ズルズル株価は下げてしまい、含み損を抱えるようになります。

コレこそが、損失を出す最大の原因だと判断することができます。では、どのようにすればいいのか?まずは、考え方を変えることが大切です。

上昇すると判断し、購入した株価が思惑通り上昇してきたということは、チャートが予想通りの動きをしており、株価が強いと判断することができますね。このような強いチャートをしているにも関わらず、さっさと利益を確定してしまうのは非常にもったいないです。大きな利益をみすみす逃してしまうということになってしまいます。

反対に、上昇すると判断し、購入した株価が、意に反して下落してしまったとします。このような場合は、予想に反して下落しているため、株価は弱いと判断することができます。弱いチャートをしているにも関わらず、購入した価格まで戻してきたら売ろう、などと安易に考えていては、結局は塩漬けになってしまい、大きな損失を負いかねません。上手くロスカットすることが大切です。

損失を出すパターンや原因というのは、人間の心理(弱さ)の部分が作り出しているものです。この間違った思考を考え直しましょう。思考の考え方を変えることによって、これから上昇しそうな強いチャートをホールドして大きく利を伸ばし、下落しそうな弱いチャートは、すぐにロスカットできるようになります。この考え方は損小利大にもつながる非常に大切なことなのです。

投資を成功させるためには、周りに惑わされない強い信念を持ち、どのような局面であっても 冷静に対処することが必要になります。

関連記事一覧

カテゴリー

アーカイブ

検索