初心者向け!基本の投資するタイミング方法「順張り」

株初心者向け

株式投資を行う際、どのタイミングで株式を購入するかが大切です。

株式を購入するタイミングは人それぞれですが、株価が上昇している銘柄を狙い、株価よりさらに上昇すると期待して購入する方法、株価が下落している銘柄を狙い、安値で株式を購入し株価の回復を待つ方法のどちらかのタイミングで購入している人が多いと思います。

今回は、上昇している銘柄を狙って購入する方法「順張り」について、初心者向けにわかりやすく説明します。

初心者にもわかりやすい「順張り」

「順張り」は、上昇していく株を途中で買って、さらに値が上がったところで売って利益を出す投資手法です。

上昇トレンドかどうかはチャートを確認することですぐに判断できるため、初心者にも手がけやすい手法です。

株価が上昇しているかどうかはすぐにわかりますが、適当な所で株式を購入してしまうと高値でつかみ、一時的な押し下げた所で慌てて売ってしまうということになりかねません。

順張りの買いタイミングはいつ?

では、順張りで株式を購入するタイミングはいつでしょうか。順張りの買いタイミングは大きく分けて2種類あります。

1つ目は、

抵抗(キリのいい数字、直近の高値など)を抜けたことを確認したタイミングで購入する方法です。

上昇トレンドにある株価は波を作りながら上昇していきますが、あるポイントまで上がるとそのポイント付近で株価が一時的に停滞することがあります。そのポイントのことを抵抗といいます。

そしてその抵抗を一気に抜けて株価が大きく上昇することをブレイクアウト(もしくはブレイクする)といいます。

このブレイクの流れに乗って利益を得ることは、デイトレや短期投資においては基本中の基本です。

2つ目は、

上昇している途中にいったん株価が下げたタイミングで購入する方法で、押し目買いとも言われています。

押し目買いは、上昇している最中に一時的に株価が下がった株を買い、再び株価が上がったところで売って利益を上げる手法です。仕込むタイミングとしてはブレイクアウトより多少難しさを感じます。

ただし、上げている途中の一時的な下げで購入するので、ブレイクアウトより安全な手法であるとも言えます。

ブレイクアウトは1日の動きの中で、もみ合いを抜けて株価が上昇してから購入する、高値圏で仕込む手法だからです。

上昇トレンドの銘柄は見つけやすいので、初心者にとって順張りは行いやすい投資方法です。

しかし、ニュースなどで話題になって急騰している株式は急落するリスクもありますので、初心者の方は、ゆっくりと上昇しているような銘柄を購入した方が安心できるでしょう。

ただし、どのような銘柄でも株式にリスクはつきものです。銘柄についてきちんと調べて、自己責任で投資するようにしましょう。


お問い合わせや投資に関するご相談はお気軽にコチラまでどうぞ。

関連記事一覧

カテゴリー

アーカイブ

検索