NISA口座の非課税期間が満了したらどうしたらいい?

株初心者向け

非課税口座であるNISA口座で株式取引をされている方も多いのではないでしょうか?

NISAの非課税期間は最大5年と定められているので、2014年にNISA口座で株式を買付した場合、2018年末で満了となります。それ以降も株式を保有し続けたい場合、どのような手続きが必要なのかご説明します。

NISA口座で引き続き保有するには?

NISA口座で満了を迎えても、株式をそのままNISA口座で保有したい場合は翌年のNISA買付可能枠に差し替える「ロールオーバー」手続きが必要になります。

「ロールオーバー」とは、NISA口座で保有されている商品が5年を超える場合は、6年目である翌年のNISA買付可能枠を使用して商品を移し換えることです。

ロールオーバーをする場合、取得価格は年末に行うロールオーバー時点の時価となります。

例えば2014年に30万円で購入した株式があるとします。2018年末の株式時価が50万円になっていたとします。

ロールオーバーを行う場合、2019年のNISA買付可能枠120万円のうち50万円を使用した場合、2014年に買付した商品の非課税期間を延長することができます。

ロールオーバー後のNISA買付可能枠は残り70万円となり、2019年はこの範囲内で、NISA口座で新規の買付注文ができます。

ちなみに、2014年に30万円で購入した株式が、2018年末に130万円とNISA上限の120万円を超えている場合、130万円全てをロールオーバーすることができます。

ただし、ロールオーバー後のNISA買付可能枠は全て使用済みとなりますので、2019年はNISA枠を使って購入することはできません。

ロールオーバーする時の注意点

上記でご説明した通り、NISA口座で満了がきた購入株式をロールオーバーすれば、非課税期間が延長できます。

ただし、ロールオーバーするための注意点があります。それは、翌年のNISA勘定区分が「一般NISA」に設定されている必要があります。

翌年のNISA勘定区分が「つみたてNISA」だと、ロールオーバーができません。

ロールオーバーを希望する場合は、10月以降に受付開始するNISAロールオーバー申込書で手続きする必要があります。ロールオーバーの手続きが無い場合は「課税口座への払出」となるのでご注意ください。

「課税口座への払出」とは?

ロールオーバーをしないと「課税口座への払出」となると述べましたが、課税口座への払出となるとどうなるのでしょうか。

ロールオーバーをしない場合、課税口座に払い出す時の取得価額は払出時点の時価となります。

例えば、2014年に30万円で買付した株式が、払出時点の時価が50万円だった場合、取得価額が50万で課税口座に払い出されます。

課税口座の中でも、特定口座を開設していると、優先して特定口座への払出となります。

また、特定口座を開設していない場合は、一般口座への払出となります。

例のように取得価格が50万円として課税口座に払出された後、100万円で売却したとすると50万円の利益とみなされ、利益に課税されます。

また、30万円での売却の場合は、20万円の損失となります。これらの損益は他の株式と損益通算することができます。

このように、2014年に取得した価格が30万円だったとしても、払出時点の時価が課税口座に払出された取得価格になります。

2014年に株式を購入された株式を、現在NISA口座で持っている人は、ロールオーバーするのか、しないのかを決めて、ロールオーバーする場合は忘れずに手続きをしてください。


お問い合わせや投資に関するご相談はお気軽にコチラまでどうぞ。

関連記事一覧

カテゴリー

アーカイブ

検索