Blog
2018年4月14日 株初心者向け

5月はIPOが少ないって本当?2018年春新規公開株!


 
IPO(新規公開株)はブックビルディングにより、上場前に決められた価格で新規公開株を買うことができます。

上場日は、その価格より高値をつける場合があるため、初心者でも利益が得やすく人気です。しかし、IPOは5月には行われないという噂もあります。

ここでは、噂の真偽と、2018年春の新規公開株の動向についてご紹介したいと思います。

IPOについてはこちらも参考にしてください。
⇒新規公開株に挑戦
 

5月はIPOが行われない?

人気のIPOですが、5月には行われないという噂があります。

行われないといいきれませんが、5月にIPOが少ないのは事実です。なぜなら、ゴールデンウィークがあるからです。

IPOのブックビルディングの場合、上場前に価格を決める期間が設けられます。

理論上、例えば4月20日にブックビルディングを開始したとして、4月25日に抽選し、5月15日に上場というスケジュールで5月に上場することがはできます。

しかし、間にゴールデンウィークという長期休暇が入ると、市場は閉まり、その間に経済に大きな影響を与えることが発生しないとも限りません。

そのため、間に長期休暇をはさむと、上場する企業にも、IPOに参加する投資家にも通常よりリスクが生じます。

そのため、理論上では5月上場は可能ですが、5月上場を避ける企業が多く、5月のIPOは少なくなるのです。
 

2018年春の新規上場企業

2018年5月もブックビルディングで新規上場する企業はありません。春に新しく上場する(した)企業についていくつか動向をご紹介します。

■HEROZ
ブックビルディング期間:4/5~4/11
公開価格決定:4/12
購入申込期間:4/13~4/18
上場日:4/20(マザーズ)
事業内容:人工知能(AI)を活用したインターネットサービスの企画・開発・運営
動向:市場の注目度の高い、新規上場株です。

抽選申込期間(ブックビルディング期間)は終了していますが、4/12の公開価格(仮条件3940円~4500円)と4/20の初値が注目です。

AI開発ベンチャーとして注目を浴びており、AIがユーザーに代わり指し手を進めてくれるスマートフォンの将棋ゲームアプリ「将棋ウォーズ」が主要サービス。

今後は金融業界にAI基盤技術を応用してBtoB向けAIを提供。今後の成長が期待できるので、上場後成長株として注目していても良いでしょう。

■エヌリンクス
ブックビルディング期間:4/11~4/17
公開価格決定:4/18
購入申込期間:4/20~4/25
上場日:4/27(ジャスダック)
事業内容:NHKの契約など営業代行、ゲーム攻略サイトの運営などのメディア事業
動向:抽選申込期間が4/11~4/17なので、興味のある人はまだ間に合うかもしれませんね。

主幹事はSBI証券。公開規模の軽量感やインターネット関連ビジネスといった人気化する要素を複数有していますが、NHKの契約・収納代行業務は個人投資家には地味な印象もあります。

しかし、4月最後のIPOであることと、SBI証券が主幹事の株は高い初値をつける実績があるので注目されています。
 

新規公開株への参加スタイル

ご紹介した2銘柄の他に2018年4月は6銘柄が上場します。

IPOはブックビルディングに申込をし、初値で売るスタイルがスタンダードですが、上場日や上場後に注目していて、取引に参加するスタイルもあります。

新規公開株は値動きが大きいので、短期取引や成長を見込んで長期保有するには向いているので、興味がある人は上場後の動向も注目しておいてください。

ただし、値動きが大きいということは、リスクも高いということなので、損をするリスクもきちんと考え、投資は行うようにしましょう。

 

お問い合わせや投資に関するご相談はお気軽にコチラまでどうぞ。

カテゴリー

アーカイブ

Copyright© - プログレスマインド・オフィシャルブログ All Rights Reserved.