外国株は初心者でも買える!アメリカ株の基本

株初心者向け


 
初心者が株式投資を始めようと思った時、一般的に、多くの方は日本株の購入を考えるでしょう。しかし、中には外国株式を売買したいと思っている方もいるのではないでしょうか。

今回は、外国株に興味がある初心者向けに、外国株の中でもアメリカ株と、外国株の取引方法についてご説明いたします。
 

外国株はどうやって買えるの?

外国株に興味があっても初心者の方が敬遠してしまう理由の1つは、取引の方法がわからない、ということもあります。

しかし、実は外国株の取引は日本株と同じように証券会社でできます。株式取引を始める時、証券会社に「外国株口座」を開設すれば外国株の取引は可能です。

ただし、どの証券会社でも良いとは限りません。証券会社によって扱っている外国株の種類や数が異なるからです。

例えば、アメリカ株を購入したいから今取引している証券会社に外国株口座を開いたが、その証券会社はアメリカ株の取扱い数が少なく、中国株に力を入れていた、ということもあり得ます。

外国株取引を始めたいと思った時は、まずどの国の株式を買いたいのか決め、それからその国の取扱い株式が多い証券会社を選んで外国株口座を開くようにしましょう。

外国株口座を開けば、通貨はその国の通貨に変換する必要はありますが、日本株とほぼ同じようなシステムで取引できます。外国株でも特定口座での取引が可能だったり、国内株式と損益通算が可能だったりします。
 

アメリカ株の特徴

外国株の中でも、アメリカ株式は日本でも認知度の高い企業も多いので人気があります。例えば、グーグル、アップル、アマゾンなど皆さんが知っている企業の株式はアメリカの市場に上場しています。

アメリカ株と日本株との違いは何でしょうか。もちろん通貨は違いますが、その他について表にまとめました。


アメリカ株 日本株
銘柄コード 英字1~5文字 4桁の数字
最低購入株数 1株から 単元株(100株など)
投資金額 100ドル以下(約1万円以下) 10~20万円くらいが多い
配当金 原則年4回 年1~2回
値幅制限 制限なし 制限あり
取引コスト 売買手数料+為替手数料 売買手数料

表を見てわかる通り、アメリカ株は1株から投資が可能なので、初心者にとっても、少額投資で取引しやすくなっています。また、配当金も日本より多い、メリットもあります。ただし、手数料は売買手数料の他に為替手数料がかかりますし、為替変動のリスクもあります。
 

アメリカ株投資は初心者でもできる!

コストやリスクをきちんと理解していれば、アメリカの市場にはグローバルな優良企業や、成長が見込める企業が多く上場しており、1株から購入できるので初心者でも投資する価値はあると思います。

アメリカ株を購入する場合は、購入を考えている企業の動向はもちろんですが、アメリカの政治情勢や政策などもチェックするようにしてください。


お問い合わせや投資に関するご相談はお気軽にコチラまでどうぞ。

関連記事一覧

カテゴリー

アーカイブ

検索