プログレスマインド・渡部純一です。

企業の一株当たりの利益の額をEPSと言います。

つまり、EPSは当期純利益を発行済株式数で割った数値になります。

個別企業の投資判断を行う際に参考になる指数です。

もちろん、EPSは高い方が良いわけですが、それと同時に安定的に

推移、または成長していることが投資家から見ると望ましい姿と

いうことが出来ます。

またこのEPSの何倍まで株価が買われているか?を示す数値が

PERになります。

PERは株価収益率と呼ばれ株価をEPSで割った値となります。

このPERが高ければ高いほど、割高まで買われていることになりますが

成熟した企業は、新興企業より成長余力に乏しいため、PERの判断上は

割安に放置される場合が多くなります。

これを逆に言えば、新興企業は成長余力があるため、今後のEPSの

伸びが期待されるという観点から、PERが割高になるまで株が買われる

ことがあるわけです。

関連記事一覧

カテゴリー

アーカイブ

検索