為替相場と株価の密接な関係

株初心者向け

株と為替相場には密接な関係があり、一般的に円高や円安になると、株式市場はその影響を受けて大きな株価の変動が見られます。

円安では輸出関連業者の業績や売上が、円高では輸入関連業者の業績や売上がよくなるのが一般的ですので、まず「円高・円安」についての知識を持つところから始めると理解しやすいでしょう。

 

letters-418634_640

 

まず、円安の場合ですが、アメリカで日本製品を購入する場合、円安の場合には安く買うことができるので、自動車や家電などの輸入が増え日本の輸出業者の業績が向上し株価も上がります。

その反面、アメリカから製品などを輸入している業者は、輸入がコスト的に難しくなり、業績も低迷、結果、株の値段も下がると思っておくといいでしょう。

 

次に円高の場合どうなるかというと、日本の輸入業者は外国から購入する方がコスト的に有利という立場になります。

安く買って高く売ることができるわけですから当然のように業績が良くなり、比例して株価も上がるというわけです。

 

このように株価と為替相場はかなり密接に関連しており、特に輸出や輸入を行っている企業への円安と円高による影響を考えてみると、ある程度株価の動きを予想することができますね。

 

ただ、現在のように円安傾向が長く続いた場合、上記のようなパターンで株価が推移するとは限りません。

たしかに株価は高騰を続け、日経平均株価は2万円台を超える時期もあったりもしましたが、これは海外の投資家が日本の株を買ったという要因も含まれています。

 

海外の投資家が日本の株を買うためには、その国の通貨を売って、円を購入しなければならないのですが、にも関わらず円安傾向が収まる気配はありません。

このように、株と為替相場には絶対的な相関関係はないということが言えると思いますが、相場を読む目安としては無視することはできない存在でもあります。

 

今までは大企業が主導してきた日本経済ではありますが、昨今は専門の分野での中小企業の成長と世界への進出度合いは目を見張るものがあり、今後10年の間には大きな経済的な構造改革があるかもしれません。

株と為替相場の関係から株価を予測する要因を見出すだけではなく、上記のような視点からの予測も行ってみると面白いかもしれません。

 

bn_mailmag

 

お問い合わせや投資に関するご相談はお気軽にコチラまでどうぞ。

関連記事一覧

カテゴリー

アーカイブ

検索