株のテクニカル分析の注意点

株初心者向け

株取引をする上で、テクニカル分析のメインともいえるローソク足に関する知識は必須です。

テクニカル分析では売買のタイミングを読み取ることが目的ですが、最低限ローソク足の見方が分からなければ取引ができませんので、必ず理解しておくようにしましょう。

 

startup-593341_640

 

株取引をスタートさせた人なら誰でも、資金をうまく回転させて効率の良いタイミングで売買取引を進めたいと考えると思います。

だからこそ、テクニカル分析で適格なタイミングを計り、スムーズな取引で利益を手に入れる確率を向上しようと考えるのですが、そのテクニカル分析の重要な基本となるのがローソク足チャートなのです。

 

ローソク足の見方としては、まず白いローソク足は、陽線と呼ばれ、黒いローソク足は陰線と呼ばれています。

またローソク足には「ひげ」と呼ばれる線が書かれていて、上の方にに出ているひげは「上ひげ」、下に伸びているひげは「下ひげ」と呼ばれています。

ローソク足では、1日の株価の動きを読み取るだけでなく、1分刻みの「1分足」や「5分足」、1日の動きは「日足」、1週間の動きは「週足」、1か月の動きは「月足」というように、短期間から長期間まで、その集計期間で見分けることが可能です。

 

次に、ローソク足では基本的なパターンが複数あり、そのパターンをいくつか読み取れるように把握しておく必要もあります。

まず、ひげが下に来ている場合は、株価が上昇したが上値の売り圧力が強く上値が重たい状態。反対にひげが上に来ている場合には、株価が下がり買い圧力が強いため、下値から上に底上げされているケースです。

 

また、十字線と呼ばれるパターンもあり、これは売買が均等になっている状態を表していて、市場が株価の動きが読めず迷っていることを表していますし、買いの勢いが強く、株価が急上昇した状態を太陽線などと呼ぶ場合もあります。

こういったローソク足の基本的なパターンを理解しておかないと、分析をしようとしても意味が分からない状態になりますから、事前にきちんと勉強しておくようにしておかなければなりません。

 

ローソク足を見ることで、値動きの「癖」が段々と見えてきますが、もし自分が保有している株があれば、その銘柄のチャートをよくチェックしてみましょう。

チェックを続けていくうちに、その銘柄の癖が読み取れるようになり、売買のタイミングについても判断しやすくなるため株式投資が楽しくなるかもしれません。

 

bn_mailmag

 

お問い合わせや投資に関するご相談はお気軽にコチラまでどうぞ。

関連記事一覧

カテゴリー

アーカイブ

検索