株投資のタブーとは

株初心者向け

株の投資でタブーと言われている事柄について、ご説明します。

 

lens-490806_640

 

まず、「管理ポスト」や「整理ポスト」呼ばれるポストに入っている銘柄は絶対に購入してはならない、ということです。

一部の投資家の中には、マネーゲームとして買う人もいるようですが、事実上倒産しているも同然の銘柄ですから、どんなに安くても絶対に手を出してはいけません。

 

次に、株を売った後に、その銘柄が自分が売った時よりも株価が上がったり、逆に買った後に株価が下がったりすることがありますが、そのようなときに株を買ったことや売ったことに対して後悔したり、原因について深く考えすぎないことです。

過去の取り引きについて必要以上に振り返ることで心に隙ができ、投機的な取り引きに手を出したり、余計なことに資金を使ってしまうことにもつながります。

思い悩んでいる間にも株価は常に変動しています。次の取り引きに目を向けましょう。

 

3つ目は、株で利益が出たからといってすぐに売らず、ある程度そのまま継続して持つことも必要です。

初心者の方は、少し値段が上がれば利益を確定するためにすぐに売りたがる傾向にありますが、たとえばストップ高にあったら下落するまで持つなど、タイミングを見計らいましょうということです。

 

逆に、損失が出たらすぐに売るということも心得ておかなければいけません。

「また持ち直すかもしれない」と考え、損切りを延ばす人も多いのですが、こういった考え方は危険であり、自分で決めたルール以上に株の値段が下がったら、たとえどんな状況であっても必ず売ると決めておきましょう。

もし売った後に株価が上がったとしても深く考えず、淡々と次の取り引きを進めることで、目先の利益ばかりでなく長い目でみた株投資をしていくと、そのときには損と思えたことも利益につながっていくものです。

 

最後に、株で一番気をつけなければならないこと、それは短気を起こすことです。

少し値段が上がったり下がったりする度に売買を繰り返すのではなく、市場をいったん客観的に見て取引をしていくことが大切です。

資金的に余裕を持つことで、短気を起こすことも減りますから、気分的に余裕をのある株投資を心がけるようにしましょう。

 

bn_mailmag

 

お問い合わせや投資に関するご相談はお気軽にコチラまでどうぞ。

関連記事一覧

カテゴリー

アーカイブ

検索