株に投資できる許容範囲とは

株初心者向け

これから株式投資を始めるために、資産の内からどの程度の予算を考えているでしょうか?

一般的な現物株取引の場合、単元株制度によって銘柄ごとに売買できる数というのがあらかじめ決められているので、他の銘柄と1単位あたりの株価が同じであっても、1単元が違えば購入金額も大幅に違ってきます。

 

chart-246953_640

 

自分が購入しようとしている銘柄は、単元当たりの金額はいくらになるのかという点を事前に確認しておかないと、いざ購入しようとしても予算内で購入できないということになってしまいます。

 

市場には色々な銘柄がありますが、銘柄などを選択する前に自分の予算をしっかりと決めておかないと、上記のように出足から躓いてしまうことになってしまうので注意が必要です。

また、リスク管理の面からも、無計画に予算を考慮しない取引きをしていたのでは、初心者の方であれば尚更、損失を出す可能性が高くなってしまいます。

 

出足から躓いたり、その後の取引でも株で損失を出す可能性を低くするためにも、株式に投資できる許容範囲内で自分なりの予算を考えておいた方がいいでしょう。

 

予算が決まれば、その予算に合わせた銘柄選びの段階に入るわけですが、たとえば株式投資に使える予算が10万円だったとします。

こういった小額の予算の場合、初心者の方にとっては難しい面もありますが、利益や配当が高い銘柄といったような形で株に対して条件をつけ、これらの条件をクリアしている株を10万円の予算の中で選ぶといったスクリーニングで選ぶのが一番です。

証券会社によっては、スクリーニングツールというものを用意している場合もありますので、それを利用することで手軽に条件に合う株の銘柄を選ぶことができます。

 

株式投資は余裕資金で始めるというのが基本ですが、自分にとっての許容範囲内で株式投資に充てる予算を決めることによって、銘柄選びや投資のスタイルが適正に絞られてきます。

前述した例のように予算が10万円という場合には、1つの銘柄に絞って購入し値上がりを待つという方法で利益を得ることも可能ですが、予算が半分の5万円しかないということになると、1つの銘柄に絞るということは難しくなってくるため、ミニ株などを利用することを検討していくことになるでしょう。

 

このように、株に投資できる予算によって投資のスタイルはずいぶん違ってきますが、自分が保有している資産の中からどれくらい株に投資できるのかという許容範囲をしっかり検討した上で、株式投資を始めることが何より大切です。

 

bn_mailmag

 

お問い合わせや投資に関するご相談はお気軽にコチラまでどうぞ。

関連記事一覧

カテゴリー

アーカイブ

検索