株式市場の動向を読む

投資の基本

本日、週明けの日経平均株価は17000円を切る事態となっていて、投資家の不安要素を色濃く反映した相場となっています。

日経平均株価は、日本の株式市場を代表する株価指数として、投資家ら市場関係者の間でもっとも浸透している株価指数で、個々の株価の合計を一定基準のともで集計して指数化したもので、株式市場の変動を把握できる指標となっています。

 

university-105709_640

 

日経平均株価以外にもTOPIXやRNプライム指数なども、投資家が株式市場の動向を把握するのに役立つ指数として有名です。

日経平均株価が東証1部上場の銘柄から選ばれた225銘柄の「平均株価」であるのに対して、TOPIXは東京証券取引所一部上場の「全銘柄の時価総額」の動きを指数化したもので、時価総額とはその会社の「株価×発行済み株式数」で表されます。

 

また、RNプライム指数は日本の全上場銘柄のうち時価総額上位1,000銘柄から構成されていて、東証二部や大証など日本の全市場の上場銘柄を対象にしているのが特徴です。

 

現在では、TOPIX RNプライム共に、先物商品の対象として大阪証券取引所に上場されています。

その中でも日経平均株価がとくに注目されているのは、日経平均株価自体が一般的に馴染みのある株価指数だからという点が大きいと思われます。

 

日経平均株価を利用した商品として、日経225先物や日経225オプションなどがありますが、一般的に証券会社で「オプション」といえば、この日経225オプションのことを指すくらい、投資家たちの間では浸透しているといっていいでしょう。

これに対してTOPIXやRNプライム指数などは、金融商品商品化されているとはいえ、まだ一般の投資家には馴染みが薄く、株価の動向をみる目安としてのみ、利用されているケースが多いようです。

 

日経225とTOPIX、RNプライム指数を総合的にみると、市場の動向がほぼ把握できるといえますが、日経平均株価は平均株価の指数であり、TOPIXやRNプライム指数は時価総額を対象としているため値動きも異なります。

このため株価の動向の参考にする場合には、そういった特徴をよく理解しておく必要があるわけですが、投資対象として見る場合には、それぞれの特徴を活用して組み合わせることで、リスクヘッジをとりながら利益を狙う戦略が組み立てやすくなります。

 

当然、それぞれの指数の仕組みと特徴をよく理解しておく必要がありますが、知識として知っておくだけでも、この先の展開に役立つのではないでしょうか。

 

bn_mailmag

 

お問い合わせや投資に関するご相談はお気軽にコチラまでどうぞ。

関連記事一覧

カテゴリー

アーカイブ

検索