株を売るタイミングを逃す原因とは

株初心者向け

株は、保有しているだけで利益が出るというものではありません。

もちろん含み益や配当金などは発生しますが、いつかは売らなければ値上がりによる差益として利益を手にすることはできません。

しかし、この株を売るタイミングを判断するのは初心者の方にとってはとても難しいと思います。

 

road-sign-663368_640

 

購入する際も銘柄選びで悩むと思いますが、それ以上に利益を確定して売るタイミングを判断することに躊躇する人のほうが多いものです。

投資家であれば誰でも、買ったときよりも少しでも高く売りたいと考えていますから、そういう投資家たちの思惑がうごめく市場で、売るタイミングを見計らうというのはなかなか悩みどころです。

 

ローソク足チャートを見て分析し、ひげの先端で売れればスムーズに利益を上げることができるのですが、誰しも同じように考えていますし、このようなケースというのはほんの一瞬であり、気付いたときにはタイミングを逃していたという場合が多いものです。

 

他にも、売るタイミングを逃す原因としては、人間が持つ欲望が判断を狂わせるというケースも往々にしてあるものです。

少しの利益であっても、ここが山だという状況であれば、利益は薄くとも売るタイミングだと判断すべきなのですが、こういったときに前述した欲望が顔を覗かせます。

「ここで売った後に株価が上がったらもったいない」とか、「まだ値上がりするに違いない」など、事実であるチャートなどは無視して自己の欲望による判断に惑わされ、売るタイミングを逃してしまうのです。

 

こういった場面では、投資の基本中の基本である「自分で決めておいたルールは必ず守る」という姿勢を貫くということが非常に重要になってきます。

一度でも例外を許してしまうと、それ以降もルールを守らず、売りのタイミングを逃してしまうことにつながりますので、一貫して決めたルールを必ず実行すると決意するようにしましょう。

 

株価が下がり始めたら早い段階で損切りをする、利益の目安は10%で、短期売買であればチャートを重視してタイミングを見計らい、小さな利益を積み上げる、といったような売買の基準を考えておくといいですね。

 

最初のうちは、なかなか自分なりのルールを考えることは難しいかもしれませんが、基本的なルールをあらかじめ決めておくことはとても大切なことですし、ルールを必ず実行する習慣が身につけば、思った以上にスムーズに売ることができるようになります。

ルールをまず決めて実行することでスムーズに売りの注文が出せるようになり、そのスタイルを貫くことで必然的に利益につながっていくのです。

 

bn_mailmag

 

お問い合わせや投資に関するご相談はお気軽にコチラまでどうぞ。

関連記事一覧

カテゴリー

アーカイブ

検索