株価のチャート分析法

株初心者向け, 株式投資

株価のチャート分析法のひとつに「ゴールデンクロス」と呼ばれる方法があります。

株のゴールデンクロスは、チャート分析の中でも特に有名なもので、株の取り引きをする投資家の間では「買いのサイン」として誰でも知っている分析法と言ってもいいものです。

 

statistics-706381_640

 

このゴールデンクロスは、長期移動平均線を短期移動平均線が下から上にクロスする状態のことで、安値で推移していた株価がこれから上がるというときの前兆のサインといえるのです。

株のチャートを見ていて、クロスしていることに気がついたら、これから株価上昇が予想されるので、安値の今、株を買った方がいいということになるわけです。

 

このゴールデンクロスとは全く反対のことをデッドクロスと呼びます。

デッドクロスとは、短期移動平均線が長期移動平均線を上から下に突き抜けてクロスしているような状態を表していて、これから株価が下がるという前兆を表わしていることになるので、株取引でチャート分析中にデッドクロスが見えたら「売りのサイン」とみなします。

 

ゴールデンクロスは「買いのサイン」と言いましたが、ゴールデンクロスが出たその銘柄を買えばすぐに株価が上がって利益が出るのかというと、市場にはいろんな思惑が絡んでいるので、そう単純なものではないので注意が必要です。

ゴールデンクロスはわかりやすいチャート分析法ですが、見極めを誤ると利益どころか損失を出す結果にもなりかねません。

 

様々な情報を基にゴールデンクロスが発生する可能性を事前にわかっている株のプロが市場にはひしめいているわけで、そうした投資家が事前にその株を沢山買っている場合もあるわけです。

実際にゴールデンクロスが現れ、それを見て株価が上がると予想した一般の投資家たちがその株の銘柄を買ったとしても、上がると思って購入した株価が急激に下がる可能性があります。

 

ゴールデンクロスが発生するよりも前に買いこんでいたプロ投資家だけが利益を手にして、あとからゴールデンクロスに飛びついた一般の投資家にとっては、時すでに遅かったというわけです。

また、株価が急落したあとにVの字を描くように上昇したときのゴールデンクロスは、すでに株価が上昇した後である場合が多く「買ってはいけないゴールデンクロス」と言われていますので注意しましょう。

 

bn_mailmag

 

お問い合わせや投資に関するご相談はお気軽にコチラまでどうぞ。

関連記事一覧

カテゴリー

アーカイブ

検索