Blog
2015年10月23日 投資の基本, 株初心者向け

株投資は自分の予算内で行う

株を始めるにあたっては、まず初めに株に投資できる予算をきちんと立てておかなければいけません。

株の銘柄ごとに、売買できる最低限の株数というものがあらかじめ定められていますから、株価が同じであっても、最低限購入できる株数(単元)が違えば、購入金額も大幅に違ってくるという特徴があります。

ですから、自分が投資を考えている起業の株は自分の予算内で購入できるのかどうかという点をよく認識しておかなければなりません。

 

mobile-791071_640

 

また、市場には色々な株の銘柄がありますが、自分の予算をまずは考えた上で取引をすることが、株初心者が最初から大損をしないことにつながります。

最初から漠然と予算を考えずに取引していたのでは、損をする可能性は高いですから、最初から株で損をすることがないようにするためにも、株に投資できる予算を考えたおいた方がいいでしょう。

 

では、株に投資できる予算が10万円だったとして、この予算の中で自分が買うことができる株の銘柄を探す場合には、どうすればいいのでしょうか。

これは、初心者にとって難しい問題かもしれませんが、予算10万円で投資できる範囲の中で、利益率が高い株の銘柄や配当が高い銘柄といったような形で株に対して条件をつけて、これらの条件をクリアしている株を選ぶといった「スクリーニング」と呼ばれる方法で選ぶのが一番です。

 

証券会社の取引ツールの中には、この「スクリーニング」のツールを用意している場合もありますので、そちらを利用すれば自分でも手軽に条件に合う株の銘柄を選ぶことができると思います。

もちろん、ツールを使わずに「四季報」などを参考にして条件に合う銘柄かどうかきちんと一つ一つ見て考えるという方法もありますね。

 

株というのは、そもそも余裕資金で始めるというのは基本中の基本ですが、それプラス株投資の予算を決めることで、投資のスタイルについても大きく違ってきます。

予算が先ほどの例と同じ10万だった場合には、十分吟味したうえで1つの銘柄に絞った投資も可能になってきますが、もしも予算がその半分だった場合には、なかなか1つの株の銘柄に絞ることが難しくなりますので、投資の対象を「ミニ株」などにする必要があるかもしれません。

 

このように、株に投資できる予算によって投資する銘柄やスタイルがずいぶん違ってきますので、まずは自分がどれくらい株に投資できるのか、予算をしっかりと考えた上で、株取引をスタートさせることが大切ではないでしょうか。

 

もちろん予算以上の取引もダメですし、予算を超えそうなケースもいけません。あくまでも予算範囲内での取り引きをお勧めします。

 

bn_mailmag

 

お問い合わせや投資に関するご相談はお気軽にコチラまでどうぞ。

カテゴリー

アーカイブ

Copyright© - プログレスマインド・オフィシャルブログ All Rights Reserved.