Blog
2015年10月21日 株初心者向け, 株式投資

株のポートフォリオ

株のポートフォリオは、分割投資という言葉でもよばれているのですが、これは資産を分けるという意味合いで使われています。

株の分散投資は、投資のリスクがかなり下がりますし、利益をさらにアップさせることにもつながりますから、できれば株を始めるという場合には分散投資をすることをお勧めします。

 

City 6 - Sunset800

 

ポートフォリオのメリットとしては、保有している色々な資産を一括で管理できるという点にあります。

ポートフォリオというのは、そもそも資産を現金のまま保有しておくのではなく、色々な金融商品に分けて資産運用することを言い、資産をすべて預金に回すのではなく、株やFXに投資したり債権や投資信託に回したりといったように、資産運用のスタイルを色々と分けて投資をし、リスクを減らすことが主な目的になります。

 

分けて投資すればなぜリスクが下がるのかというと、例えば銀行の預金の金利が下がって利回りが全く出なかったとしても、金利が下がれば株の値段は自然に上がる傾向にありますので、株を保有していれば持っていれば、資産を失うことや損をするということがないのです。

 

株の分散投資をメインに考えるのであれば、色々な株の銘柄に分散して投資をするということでポートフォリオを形成することができます。

一つの銘柄に集中して投資してしまえば、その銘柄の株価が下がってしまったり、万が一倒産ということになってしまえば、投資していた資産は一度になくなってしまいます。

しかし資産の半分をAという銘柄へ、そして半分をBという株の銘柄に投資しておけば、たとえAの株価が下がってしまってもBの株価が上がれば相殺されて問題ないということになります。

 

このように株でポートフォリオを考えるのであれば、業種などで関連性のない銘柄を選ぶのがお勧めです。

たとえばトヨタ自動車の株と日産自動車の株を持っているとしたら、別々の銘柄ではありますが、自動車業界というジャンルであることには変わりがありませんから、もしも自動車業界に何か株価に影響が起きるような事態が発生して業績が不調になってしまったら、別の銘柄といえども自動車業界全体の株価が下がってしまいます。

したがって、自動車業界の株を持つなら、その他にあまりつながりのない食品業界の株を選ぶなど分散して投資して持つことがお勧めです。

 

ポートフォリオを形成する目的には、複利で利益を積み増していくという思惑もありますが、第一にはリスクを少しでも減らすことにあるので、このことを良く覚えておきましょう。

 

bn_mailmag

 

お問い合わせや投資に関するご相談はお気軽にコチラまでどうぞ。

カテゴリー

アーカイブ

Copyright© - プログレスマインド・オフィシャルブログ All Rights Reserved.