ブックビルディング方式の注意点

株初心者向け

IPO株を手に入れるためにはまず、証券会社に口座を開きブックビルディングに参加する必要があります。

しかし初めてこのブックビルディングに参加する場合、提示されている仮条件の価格帯の金額の中で、上限から下限の間のどのくらいの金額で申込めばいいのか、判断がつきにくいのではないかと思います。

 

statistics-706381_640

 

IPO株の初値の予想はなかなか難しい面がありますが、それでもブックビルディングに挑戦してみようという場合には、とりあえず申込み価格は上限で申し込むようにしましょう。

 

初値を正確に予想することは誰であっても不可能であるにもかかわらず、なぜ申し込み価格を上限にするのか…

たとえば仮に、ブックビルディングを上限以下の価格で申し込み、その申し込んだIPO株の抽選に当選したとすると、非常にラッキーなように感じるかもしれませんが、実はここに大きな落とし穴があるのです。

 

IPOを行っても、その初値がブックビルディングでの上限にまで達しなかった株があったとすれば、そのIPO株は市場で人気が余りないという事を意味しています。

ブックビルディングの段階で、上限に届かなかったにもかかわらず、その株が急に人気株となって、初値が高騰するなどという可能性は、余程ののことがない限り極めてゼロに近いと考えても間違いなく、逆に公募価格を大きく割り込む可能性の方が高いといえるでしょう。

 

何か特別な事情があってブックビルディングに参加して、初値に関わらず、その企業のIPO株を手に入れる事を最終目的としている場合ならば上限以下の申し込みでも構わないかもしれません。

しかし、IPO株で利益を得ようと考えるのならば、ブックビルディングの段階でそれ程人気もなければ高騰することも見込まれないIPO株を手に入れることはないと考えるのが普通です。

 

ここでポイントになるのが、どうやってその判断を下すのか、ということですが、メディアやインターネットなどの情報から、その企業の評判や将来性をチェックすることはもちろん、ブックビルディングに申し込む際に送付されてくる「目論見書」というものによく目を通す必要があります。

この「目論見書」を読んで、有望な会社であると判断すれば、ブックビルディング上限で申し込み、これはちょっと将来的に不安だなと感じた場合には最初から申し込まない、という判断でいいのではないでしょうか。

 

結論としては、IPOで利益を得ようと思ったら、ブックビルディングの申込価格は、上限以外は不要であると言えるでしょう。

 

tousijyouhou

 

お問い合わせや投資に関するご相談はお気軽にコチラまでどうぞ。

関連記事一覧

カテゴリー

アーカイブ

検索