新規公開株(IPO)で稼ぐためには

未分類, 株初心者向け

100%とまではいえないまでも、かなりの確率で株で儲かるための方法として「新規公開株(IPO)」というものがあるのですが、この「新規公開株」で稼ぐためにはどうすればいいのでしょう。

新規公開株で稼ぐということは、要するに新規に市場に上場される株を買売して、その差益で稼ぐということです。

 

euro-84831_640

 

新規公開株を手に入れることさえできれば、ほぼ儲けたのと同じようなもの、と一般的には認識されているほど、新規公開株は値上がりするのが当たり前のように考えられています。

もしも新規公開株の公募に当選して購入し、前評判どおりに高騰すれば、必ず公開と同時に売るということがセオリーですから、決して売るタイミングを外さないようにしましょう。

 

通常、新規公開株の公募価格は、予想よりも若干低めに設定されていて(IPOディスカウント)公開時の初値はほとんどの場合高騰しますが、銘柄によっては数十倍に跳ね上がることもあります。

このように新規公開株はリスクがほとんど無く、利益を得る確率が高い、といわれているのですが、まずは新規公開株の公募に当選しないことには、購入することすらできません。

 

ではどうすれば簡単に新規公開株の公募に当選するかということになるわけですが、公募の申込み自体には費用は掛かりませんので、とにかく証券会社に申込むことが必要です。

ただし、大口顧客を優先する大手の総合証券会社では、個人の投資家が新規公開株を手に入れることは難しいと思われますので、個人の投資家が新規公開株の公募に申し込みには、主にネット証券を利用する事をお奨めします。

 

前述したように大手の総合証券会社では、上客と呼ばれる特別な客のための割り当てがある事が多いようですが、ネット証券では、申込者が多い場合には、上客などへの特別な割り当ては行わず、コンピューターによる完全抽選で機械的に抽選を行うと言うケースが多いようです。

そのためネット証券には一般の個人投資家が殺到するため、当選するための競争率も高くなります。

 

その競争に勝ち抜くための方法ですが、まず主流であるブックビルディング方式による抽選の場合、、より多くの株を手に入れるためには、一社でも多くの証券会社に応募しなければなりません。

さらに、既に市場で公開している株と違って、どこの証券会社でも取り扱っているという訳ではなく、主幹事証券会社の関係もあって、新規公開株ごとに扱っている証券会社が違っているのが普通です。

 

結論を言えば、株を手に入れるための最も重要なことは、出来るだけたくさんの証券会社に口座を開いておいて、できるだけ多く申し込む、ということになるのですが、近年では様々な規制が施されてきているのが現実です。

 

tousijyouhou

 

お問い合わせや投資に関するご相談はお気軽にコチラまでどうぞ。

関連記事一覧

カテゴリー

アーカイブ

検索