Blog
2015年9月9日 株初心者向け

株を複数単元で購入することのメリット

株を購入する際、具体的にはどのような買い方をすれば、利益を出せる方向につなげていけるのでしょうか?

 

notepad-691250_640

 

まず、初心者の方が株を購入する際の注意点としては、1単元だけ持っているというのではなく、できれば色々な複数の株を2単元以上持っている方がいいということです。

ここでは上記を前提にした上で、株の買い方について紹介していきます。

 

まず株価の相場が上がった場合に、そのタイミングで買うかどうか迷う人も多いと思うのですが、たとえば1株10万円の株を1株購入したとすれば10万円ですが、ここで相場が変動し、株価が12万円に上がってしまうと、株の価値が2万円も上がっています。

この場合、10万円の時点で購入して、その株を売れば5万円の利益が出るわけですが、もう少し持っていればさらに上がるかもしれないと期待してしまいます。

 

一般的に株を買う時はこの二つで迷うケースが多く、多くの個人投資家は、「もっと上がるかもしれない」と期待して持っている人が多いと言われています。

しかしここで、最初にあげた注意点である、複数の単元で株を持っていた場合には状況が変わってきます。

 

複数の単元で株を持っている、つまり先ほどの例でいえば、1株10万円の株を2株20万円で保有していたとすれば、選ぶ選択肢がひとつ増えることになります。

つまり、ひとつはそのまま持っていて、株価がもっと上がるという可能性に賭けて待つ、そしてもうひとつは、そのタイミングで売って2万円の利益を確定しておくということになります。

 

このように、どんな状況であっても利益を得るための株の買い方としては、複数単元で購入しておいたほうがいいわけです。

株価の相場がが下がった場合にも迷う人は多いですが、この場合も複数単元保有していれば、1株は売ってしまって損切りをして、もうひとつは、まだ持って上がるチャンスを待つことができます。

 

株は買う時よりも実は売るタイミングの方が難しいと言われています。

買ったときよりも株価が上がれば簡単に売れると考えるかもしれませんが、売るときの方がなぜ難しいのかというと、そこに人間の心理として「迷い」があるからです。

 

もう少し上がるかもしれないので、今手放すと損をするかもしれないとか、これで終わりにしておいた方がいいのではないかといった、迷いがあるために、買う時よりも株を売るときの方が、取引が難しいと言われているのです。

 

mailseminor

 

 

お問い合わせや投資に関するご相談はお気軽にコチラまでどうぞ。

カテゴリー

アーカイブ

Copyright© - プログレスマインド・オフィシャルブログ All Rights Reserved.