新規公開株が儲かるといわれる理由

株初心者向け

投資の世界では、一般的に「新規公開株」は儲かるといわれていますが、なぜ新規公開株の値段は騰がりやすいのか? ここでは、そのあたりについて少し詳しく解説してみたいと思います。

 

office-583841_640

 

まず考えられるのは、社会的な注目を浴びていたり、時代の流れに乗った企業だから、といったところが挙げられると思いますが、実はもっと深い別の理由もあります。

新規公開株を市場に公開すると、創業者や実質的なオーナーなどと呼ばれる立場の人々は、莫大な利益を手に入れることが出来ます。なぜかというと、これらの人々は元々かなりの数の株を持っているからです。

 

つまり、新規に株を公開する際の公開価格が高ければ高いほど、投資家としての立場では儲かることになります。

1株当たりの価格がほんのわずかの上昇であったとしても、保有している持ち株は莫大な数量になりますので、公開価格次第では、その利益はかなりの額になるわけです。

 

もうひとつは、主幹事証券会社を初めとする証券会社や、ベンチャーキャピタルなどの存在です。

ベンチャーキャピタルとは、ベンチャー企業の将来性を見越して投資するのが本来の姿であるはずなのですが、 新規公開株が公開直前になると、公開を予定している企業に対して、多くのベンチャーキャピタルが、是非自分のところに出資をさせて欲しいと申し出てきます。

 

一般的に大手といわれる証券会社の系列会社には、ベンチャーキャピタルを持っている場合が多いので、新規公開株を扱うことで、ダブルの儲けが出るということになります。

これは、法的には違法性がないために、証券会社側からすれば、新規公開株の際に、株を公開する企業の主幹事証券になることができれば、上述したように、かなりの額の利益を見込むことができる、ということになります。

 

当然、その企業の創業者やオーナー側としては、出来るだけ公開価格を高くしてくれる証券会社が主幹事となることを望みますから、一度主幹事証券会社として指名をされても、公開予定価格などの条件が折り合わずに、別の証券会社に主幹事証券会社が替えられるというケースも少なからず出てきます。

証券会社としても、企業の利益のためという大前提はもちろんのこと、新規公開株の前に株式を取得している自社のためにも、公開直後は出来るだけ高く初値が付いた方がいい、ということになります。

 

しかし、公開直後は市場にはまだ株式が流通していませんから基本的には売り物がない状態ですから、買い注文だけでは成立しません。

そこで創業者やオーナーなどが持ち株の放出を実行し、それによって大きな利益を手にする事が出来るのです。

 

このような業界の内部事情があるために、新規公開株の大半が公開後に騰がるのですが、このようにみてくると、新規公開株の初値が公開価格を下回るという状態はあってはならないことで、莫大な儲けを失うことはもちろん、主幹事証券会社の面子も丸つぶれになってしまうのです。

 

mailseminor

 

 

お問い合わせや投資に関するご相談など、ありましたらお気軽にコチラまでどうぞ。

関連記事一覧

カテゴリー

アーカイブ

検索