総合証券会社とインターネット証券会社の違い

株初心者向け

株取り引きを始めるためには、まず証券会社に取引口座を開設しなければ取引することはできません。何故かというと、株取引には証券会社との取引も必要になってくるからです。

証券会社と一口にいっても色々とあって、それぞれに特徴がありますので、その特徴を押さえたうえで選ぶ必要があります。

 

stairway-114820_640

 

証券会社の中で自分に合ったサービスや取引等を選ぶ必要があるのですが、証券会社の種類も多いことから、それぞれの会社が競争して色々なキャンペーンや独自のサービスを行っていますから、すべてを比較しながら選ぶのも大変かもしれません。

 

証券会社には、総合証券といわれる会社と、インターネット証券と呼ばれる会社の二通りがあります。

総合証券は大手の野村證券や大和証券などの証券会社で、営業のスタッフなどが存在していて、投資をするうえで迷ったりした時にアドバイスを求めたいときにも、マンツーマンで相談をすることができます。

しかし、その分人件費がかかってしまうので、売買手数料などはインターネットの証券会社と比べると高いのが特徴です。

 

それに比べてインターネット証券会社の場合には、ネットを使って簡単に自分で取引可能ですし、総合証券会社のような人件費が必要ない分、売買にかかる手数料は安くなったり、あるいは無料になるというケースが一般的です。

ただ、総合証券会社にいる営業マンがいないことになるので、アドバイスを求めたり出来ないということがデメリットとして挙げられ、大きな資産を運用するという場合には、不安を感じる場面があるかもしれません。

また、証券会社ごとに手数料の違いもありますので、手数料はできるだけ安い所を選ぶのがいいと思います。

 

取引を頻繁に行う短期的な投資方法を選んだ人の場合には特に、手数料が安い所を選ぶ方がいいのですが、そうなると必然的にインターネット証券の方が手数料の安さでは軍配があがることになりますね。

しかし手数料の安さだけがすべてではありませんから、それだけで選ぶというのもあまり賢明ではなく、ツールなどの機能が使いやすくて便利な証券会社もあれば、セミナーなどに力を入れている証券会社など、それぞれの特徴を生かしたサービスを展開していますから自分がどんなサービスを望んでいるのか、それを知ったうえで証券会社を選ぶようにしましょう。

 

それぞれの証券会社のメリットやデメリットを比較して、どこのサービスがよくて、どこが一番自分に合っているのか、自分にリスクがないかどうか等をよく確認をした上で、いくつか証券会社の口座を複数持って試してみるというのがいいかもしれませんね。

 

mailseminor

 

 

お問い合わせや投資に関するご相談はお気軽にコチラまでどうぞ。

関連記事一覧

カテゴリー

アーカイブ

検索