株の短期売買のポイント

株初心者向け

株の短期売買を行うポイントとしては、まず現時点で人気ある銘柄や話題に乗ったトレンドのある銘柄を選び、株価の値動きがある程度見込めるもので、さらに流動性のある銘柄を選ぶようにします。

短期で株の売買を行うデイトレードの場合には、このように株の銘柄選びに力を入れる必要があります。

 

the-stones-263661_640

 

株価の動きにかなり幅があるような銘柄を選ぶのがポイントで、なおかつトレンド重視で流れに乗っているようなもの… たとえば上向きのトレンドをキープしているものや、上向きのトレンドで押し目のポジションになっているようなものを選ぶことが必要です。

押し目になってから反発に変わるまでに5日移動平均線を上回っているようなものを選ぶのがよく、特に、ごく短期の株取引で買う場合には、どれくらいトレンドが上を向いている状態が続いているのかどうかを見極め、値動きの幅が広くなっている株を選ぶようにします。

 

逆に、短期の場合で売るタイミングについては、トレンドが下向きの状態が続いていることが重要で、相場の動きを確認して少しでも値の動きがあった場合には売買を繰り返して利益を上げることになります。

 

デイトレードを行う場合の注意点ですが、株価の値動きに翻弄されてしまい、する必要のない売買をしてしまうという点です。

また、小さな利益を積み重ねていく手法ですから、株で一攫千金を狙っているような人には、あまり意味のない投資方法かもしれません。

 

手間もかなりかかるうえにパソコンの前にずっと張り付いていなければいけませんから、疲労を伴うこともあって判断ミスをしてしまうという場合もあって、利益は微々たるものですから、大きな利益を上げたくて一攫千金を狙っているような人にとっては、意味のある投資方法とは言えないでしょう。

 

株の短期売買は、基本的に1日で取引が完了しますので、明日まで株を持ち越すことはありませんから、経済の動きが大きく変わったり、紛争がが起きてしまったりしても、大暴落になるという心配はしなくてもいいというメリットはあります。

 

株式投資=短期売買 というイメージを持たれている方もいるようですが、短期売買は本来の株式投資とは一線を画して考えられたほうがいいと思います。

ただ、メリットとデメリットをよく把握した上で戦略としてポイントをついた取引をするといいと思いますが、初心者の方にとってはなかなか大変ですから、ある程度慣れてきてから行うのがポイントです。

 

mailseminor

 

 

お問い合わせや投資に関するご相談はお気軽にコチラまでどうぞ。

関連記事一覧

カテゴリー

アーカイブ

検索