株と金利の密接な関係

株初心者向け

株と金利には、一見すると何の関係も無いかのような印象がありますが、実際には金利の動きが株価にかなり大きな影響を与えるため、株取引を始める際には金利も必ずチェックしておかなければなりません。

 

profits-544953_640

 

今の日本は日銀の金融政策によって、今までにないくらいに金利が引き下げられているのですが、こえれでは銀行にお金を預けても全く金利が付かないのと同様の状態であり、資金運用という面で利回りのことを考えると何のためにお金を預けているのかわからないという不満を感じているという人も多いと思います。

そこで、もっと効率のいい資産運用をしたいと考える人たちが、少しでも利回りのいい株式投資をしようということになるわけですから、理屈としては、金利が下がればそれだけ株式投資が注目されて株を始める人が増えることに繋がり株価が上がるという動きになります。

 

株式投資以外にも、金利が下がれば預金に回すことをせずに買い物やレジャーなどの消費をする人が増えたり、住宅ローンなどの金利も低くなりますから、住宅を購入する人も増えるために企業の生産性が上がるとも言われていて、その結果として労働力の需要が高まり、国民の経済状況も好転し、社会の経済も回復すると見込まれています。

 

また、金利が下がれば当然銀行の貸し出し金利も下がりますから、企業への運用資金の貸し渋りがないことになり、調達しやすくて、経営状態も安定します。このように、金利の引き下げや引き上げによっては、色々な面で株の値段が影響してくるのは流れとして当たり前のことです。

さらに、株の値段が上がれば株式投資で儲かった人というのが、お金を使いはじめますから、その分景気が良くなるという流れで、さらに株価が上がるというわけです。

 

金利が下がっているということは、それだけ株価がアップすることになり景気も回復傾向になるとは言われているのですが、今の日本はかなり前から金利が低く、最近では株価も上がり、アベノミクス効果により景気が回復すると思われてはいますが、まだまだ景気の回復には時間がかかりそうで、これから先どうなるのかわからないような状況ではあります。

 

しかし一般的な流れで言えば、金利が下がれば、株価が上がり、それにともなって景気も良くなるというのが従来の景気回復傾向にありますので、今後の日本経済には、期待してもいいと思います。

 

株初心者に向けた無料メールセミナー(全7回)を好評配信中です!
詳しくは→https://www.progressmind.co.jp/equity-investment/

お問い合わせや投資に関するご相談はお気軽にコチラまでどうぞ。

関連記事一覧

カテゴリー

アーカイブ

検索