Blog
2015年7月28日 株初心者向け

IPO(新規公開株)とは?

IPOとは、正式にはInitial(最初の) Public(公開の) Offering(売り物)のことで、それぞれの単語の最初の文字をつなげて、IPOと呼ばれています。

具体的には、まだ株式市場に上場されていない会社の株式の売買を可能にすることをいい、「新規公開株」とか、「新規上場株式」などとも呼ばれ、一般的には通常、上場に伴って公募の増資や、株式の売出を伴います。

 

statistics-76199_640

 

IPOのシステムは未上場企業にとっては新規に株式を証券取引所に上場し、投資家に株式を取得してもらうということで大きな利益と信用を生むことができるというメリットがあります。

企業にとっては株式を上場することによって、市場から広く資金調達することが可能となりますし、また知名度が上がって、会社自体の社会的な信用を高めることもできます。こういった利点からここ数年、株式の新規公開を行う企業が急増しており、IPO自体が非常に注目されています。

 

もちろん企業にとってだけではなく、一般の投資家にとっても利点があるからIPOが指示されているわけですが、ではIPOが投資家にもたらす利点とは具体的にどんなものがあるのでしょう。

 

まず大きな魅力は株式取得に際し手数料がかからないという点で、IPO銘柄の購入に関しては手数料は発生せず、証券会社の手数料は公募価格に含まれています。

さらに、株式上場後に株価が大きく跳ね上がる場合が多いと言うこともありますし、IPOの際の価格が割安に設定されている場合が多いということも魅力でしょう。

 

また、IPOを行う企業は社歴の浅い、いわゆる新興企業と呼ばれるものが多く、上場後の業績が急激に拡大することが期待できるということも挙げられるでしょう。

特に最近では、株式上場後に株価が大きく上昇する企業が多く、IPOは市場でも一般投資家の間でも、非常に注目を浴びているのです。

その上、企業にとっては、IPOによって、企業自体の知名度が上がるとともに企業の事業展開の円滑化が進むことや、有名企業へと躍進することによって、優秀な人材の確保がしやすくなる、というな利点も少なくないのです。

 

ただ、IPOは上記のような理由により多くの投資家に人気が有り、現状は抽選に当たらないとなかなか購入出来ず、通常の株式のように簡単に購入する事が出来ません。

抽選の倍率は数十倍ともいわれていて、抽選方法は各証券会社によって異なり、さらに大口顧客を優先する会社と一般にも広く公平に抽選を行う会社とに分かれています。

 

投資初心者に向けた、価値ある投資情報を無料でプレゼントしています。
詳しくは→https://www.progressmind.co.jp/free-gifts/

お問い合わせや投資に関するご相談はお気軽にコチラまでどうぞ。

カテゴリー

アーカイブ

Copyright© - プログレスマインド・オフィシャルブログ All Rights Reserved.