株価チャートの見方

未分類, 株初心者向け

株価チャートとは過去から直近までの株価の推移を、グラフによってわかりやすく表された表のことです。

長期のスパンで表示された株価チャートを見ることで、相場の動向(トレンド)を知ることができ、波のように価格が上下する価格変動を繰り返しながらもグラフが上昇していれば上昇トレンド、また下降していれば下降トレンドとなります。

 

achievement-18134_640

 

トレンドを読むことは、主に長期、中期の投資スタイルの投資家にとっては欠かせない情報となりますが、ごく短いスパンの相場の変動によって売買を繰り返しているデイトレーダーや、ファンダメンタル分析に重きを置いた投資家の中には、長期スパンのチャートは不要と言い切る方もおられるようです。

チャートを中心に株価の推移を判断するテクニカル分析と対照的に、企業の業績や財務情報等を分析して判断することをファンダメンタル分析といいますが、どちらがいい、悪いということではなく、それぞれの特徴をよく理解して、バランスよく活用することを考えたほうが効率的です。

 

株価チャートには種類があり、主に使われるのがロウソク足チャート、棒グラフで売買高を示した出来高や、終値の平均を線で示した移動平均線があります。

ロウソク足は、その見た目からつけられた名称で、その日の株価で最初につけられた始値、一番高かった高値、一番安かった安値、最後につけられた終値の四本値によって成り立っています。

 

また、表示されているロウソクの形の表示には、白抜きと黒抜きのものがあって、白抜きの表示は陽線と呼ばれ、始値よりも終値が高いことを表し、黒塗りの表示は陰線と呼ばれ、始値よりも終値が安いことを表します。

さらにこのロウソク型の四角の上下から、ヒゲと呼ばれる線が表示されていて、上ヒゲは高値を、下ヒゲは安値を示すものになり、高値と始値や安値と終値が同じ場合には表示されません。

 

期間や時間で呼び名も変わり、分単位の株価の動きを分足、1日分を日足、1週間分を週足、1ヶ月分を月足と呼びますが、白抜きのロウソクが多い場合、株価は値上がり状況、黒塗りが多い場合は値下がり状況であることがわかります。

全体的な流れのみでなく、複数ロウソクの組み合わせによっても名称があり、株価変動の状況が示されているので、売買の判断基準となります。

 

1本のロウソクに注目しても、白抜きの大陽線や小陽線、黒塗りの大陰線、小陰線によって、始値と終値の差が表わされていますので、その日の値上がり値下がりの勢いを判断できます。

また、その形によってさらに名称が分かれていて、始値と終値が同値の場合はロウソク型での表示ではなく、同時線という線による表示になり、ヒゲも含めて十字線、トンボ、塔婆などに分類されます。

 

株初心者に向けた無料メールセミナー(全7回)を好評配信中です!
詳しくは→https://www.progressmind.co.jp/equity-investment/

お問い合わせや投資に関するご相談はお気軽にコチラまでどうぞ。

関連記事一覧

カテゴリー

アーカイブ

検索