株価変動の分析はバランスが大事

株初心者向け

株相場の分析の方法は大きく分けて二つあります。

株取引では、まず予想を立てて、どの銘柄がこれからどれくらい価格が上がるのか、または下がるのかということを考えながら取引をしていかなくてはいけないのですが、そのためには、株相場の分析をして、自分なりのタイミングでの売買が必要になってきます。

 

calculator-385506_640

 

株取引をしている人にとって一番知りたい情報とは株価の変動に関する予想だと思います。これから先の株価がどんな動きを見せるのかということが予めわかれば、利益を上げることも容易いことなのでしょうが、それが分からないので、特に初心者の方の場合には、株取引を難しくしているのだと思います。

 

株の取り引きで最も重要な株価の変動については分析が必要です。

ただ、どのように株価がこれから動くのかを予想するために、プロの投資家たちはどのような分析をしているのかが気になりますが、たとえプロの分析方法がわかったとしても、これから先の株の動きを予想することができなければ、トータルで見て株で利益を上げるということは難しく、ぴったりと予想を当てるというのはかなり困難なことなのです。

 

最初から分析がしっかりと出来て予想を立てることが出来れば、株で利益を上げることができますが、特に初心者の方の場合には、これから紹介する二つの分析方法を抑えておくことで、株の予想をスムーズに行うことはできます。

 

株の分析の二つの分析方法の一つ目はファンダメンタル分析と呼ばれる方法、そして二つ目は、テクニカル分析と呼ばれる方法です。

この二つの分析の方法が株の分析をする際にとても役立つ必須と呼ばれる分析法で、多くの株の投資家は、このどちらかの方法で株の投資の分析をしていますし、銘柄を選ぶ際にもこの二つの方法はとても役に立ちます。

 

しかし、実際の場面では、テクニカル分析をしている人はファンダルメンタル分析をせずに、ファンダルメンタル分析を利用している人は、テクニカル分析はしないといったケースがほとんどで、どちらかの分析方法に偏って株価の分析を行っていることの方が多いのです。

 

投資スタイルや好みによって、自分に合う分析方法で株価の予想をしていくのはいいのですが、テクニカル分析は、局面的に売買のタイミングを見計らうために用い、相場の大きな流れを読むために俯瞰的な立場で相場を眺めるためにファンダルメンタル分析を使うなど、どちらかに限定せずに、臨機応変に両方使えるのが一番です。

 

株初心者に向けた無料メールセミナー(全7回)を好評配信中です!
詳しくは→https://www.progressmind.co.jp/equity-investment/

お問い合わせや投資に関するご相談はお気軽にコチラまでどうぞ。

関連記事一覧

カテゴリー

アーカイブ

検索