単元未満株制度とは

株初心者向け

株式投資を始めるためには資金が必要なのは当然ですが、最低でも数十万から数百万の多額のお金が必要だから自分には無理と諦めてしまっていないでしょうか?

実は株式取引には「単元未満株制度」というものがあって、数千円からでも株式投資をする方法が用意されているのですが、あまり多くの方に知られていないのが現状のようです。

 

home-366927_640

 

単元未満株制度とは、「あと1万円あれば、欲しい銘柄が購入できるのに…」と思っても、単元株制度のルールが厳然としてあるために購入できないという不便を解消するために、「単元未満株式の買取制度」や「単元未満株式の買増制度」を利用して、証券会社を通じて株を発行している会社と売買を行う方法のことです。

 

通常の株取引では「単元株制度」が採用されていて、それぞれの銘柄ごとに設定されている取引単位の株数でしか売買することができません。

たとえば1単元が1000株の銘柄であれば、たとえ1株が手の届く金額であったとしても1000株単位でなければ証券取引所で売買することはできませんし、100株単位の銘柄であれば100株分のお金を出さなければ購入できないということになってしまいます。

しかし、単元未満株を発行している会社の銘柄であれば、1単元が1000株の銘柄であっても、1株単位で購入することができるようになります。

 

現在では、東証に上場している株式であればほとんどの銘柄が購入可能ですが、元々の単位株数が1株の銘柄は対象外です。また単元未満株の売買を取り扱っている証券会社は、「SBI証券」「カブドットコム証券」「マネックス証券」「野村ネット&コール」などの一部に限られており、NISA口座への対応も、各社それぞれ違いがありますので注意が必要です。

 

単元未満株のデメリットとしては、まず株主総会に出席して投票などを行うことができる議決権がないことと、注文はその当日中のみで、成行注文しか受け付けてもらえないこと、さらに市場が開く前か終わった後(証券会社によって違いがあります)にしか約定することができず、始値か終値の市場価格に沿った金額で約定されてしまうという点です。

 

しかし、配当金と株式売却による差益は一般の株式と同様ですし、株式の最低単元に必要な株数を買い足せば、単元株として保有することもできます。また、税制面においても通常の株式取引・株式配当金と同様ですから、1株あたりの株価が高い成長株を購入したり、分散投資や株式分割をした銘柄を購入するなど、単元未満株のメリットを生かせば、デメリットを十分補った活用法が見込める制度だといえるでしょう。

 

投資初心者の方に向けた価値ある投資情報を無料プレゼント中です!
詳しくは→https://www.progressmind.co.jp/free-gifts/

お問い合わせや投資に関するご相談はお気軽にコチラまでどうぞ。

関連記事一覧

カテゴリー

アーカイブ

検索