株式投資はギャンブルか?

投資の基本, 株初心者向け

日本は昔から、お金は額に汗して稼ぐものという概念が強く、「投資」でお金を稼ぐということに対するイメージが、あまり良くないようです。

欧米では子供のことからビジネスでお金を稼ぐということを「レモネードスタンド」を経営するところから学んでいくケースが多いようですが、日本で同じことをすれば、「子供にお金儲けの真似事なんかさせて…」と陰口を叩かれそうですね。

 

lemonade-stand-656399_640

 

「安く買って高く売る」というビジネス(商売)の基本はご存知の通りですが、株式投資にも、この基本が当てはまります。

きちんとしたポリシーと技術力やサービス精神に長けた企業であれば、その企業が公開している株式を安いうちに買っておき、その企業が将来大きく発展して株価が上昇した頃に売却すれば、大きな利益を手にすることができます。

 

株式投資とは、このように企業の将来的な成長を期待して、投資家が経営資金を出資する行為ですから、上記のような基本的な投資のことを、ギャンブルと同様にみることは間違っています。

 

ただ、最近では株で儲けた芸能人や、株で多大な損失を出した人物の特集などがテレビで放映されたり、身近なところからも、株で大きな損失を出したなどのマイナスな情報ばかりが横行している影響で、一般的にはギャンブルととらえている方のほうが多いのは残念なところです。

 

そういった世間のイメージの根底には、株式投資を大儲けするか失敗して人生を棒に振るかの二者択一しかないかのような、大きな誤解が潜んでいるからではないでしょうか?

 

企業の事業内容や健全さを十分吟味して、そのうえで将来的な成長を期待し、自らの資産を託すという行為は、健全な投資として、経済を動かす正当な行為です。

そう考えると、株式投資を正当な経済活動と見るのか、ギャンブルとしてみるのかは、株式投資という仕組みにあるのではなく、投資を行う投資家そのものの考え方次第ではないかと思えてきます。

 

一発逆転的な過度の投機性の強い取引方法に走らず、余裕のある資金計画と、ある程度長いスパンでの運用、そして冷静な判断力を身につけて、地に足の着いた投資家が増えることで、日本の投資に対するイメージも改善されていくのではないでしょうか。

 

株初心者の方に向けたメールセミナー(全7回)を好評配信中です。
詳しくは→https://www.progressmind.co.jp/equity-investment/

お問い合わせや投資に関するご相談はお気軽にコチラまでどうぞ。

関連記事一覧

カテゴリー

アーカイブ

検索