自己資金はいくら必要か

投資基礎講座

プログレスマインド・渡部純一です。

今回は、投資するのに自己資金はいくら必要か?についてお伝えします。

必要な自己資金は、投資対象によっても違ってきます。

たとえば日経225先物ですと100万円くらいから、日経225先物ミニなら30万円くらいから。

日経225オプションは200~300万円くらいでしょうか。

そのくらいの金額の用意がないという方も、バイナリーオプションであれば、証券会社にもよりますが、なんと最低100円からでも投資が可能です。

その敷居の低さもさることながら、投資対象としても初心者にはおすすめの種類です。

バイナリーオプションとは、簡単に言えば「10分後の為替が「円高か円安」のどちらになるか?」ということを予想するだけのシンプルな投資です。

2択を予想するだけですから、難しい専門知識は不要です。

しかも、他の金融商品と違い、5分ごとにトレードできるチャンスがありまして(結果は10分後に分かります)、1日236回のチャンスがあります。

そのため、売買のタイミングがずれるとダメ、みたいなことがなく、好きなタイミングで取引できるのです。

証券会社によっては、口座開設で1万円とか、2万円もキャッシュバックしてくれるところもあるようですのでそういった証券会社に口座を開設し、そのキャッシュバック分でバイナリーオプションを始めるという手もあります。

(証券会社についてのサポートは弊社ではできませんので、詳しくは各証券会社にお問い合わせください)

この方法なら、極論、自己資金を用意しなくても投資を始めることができるわけです。

ただし、本来投資というものは余剰資金(もしそれがなくなってしまっても生活に影響を及ぼさないお金)で行なうものです。

まずは投資の感触をリアルに感じたいから小さく始めるという目的でしたら問題ありませんが、少しきつい言い方かもしれませんが、余剰資金がなくて一発当てようとする人に投資はおすすめしません。

したがって、投資を本格的に行ないたいということでしたらまずは最低でも100万円程度、できれば200~300万円の余剰資金を作ることを私としてはおすすめします。

それでは、次は金融商品の比較についてご説明します。

>>次の記事はこちら

■投資初心者がプロトレーダーと同じ運用成果を獲得する具体的な方法を動画でわかりやすく解説しています。
>>詳しくはこちら

■弊社に直接ご質問されたい場合はこちら
からどうぞ。
48時間以内にお答えさせていただきます。
なお、本文の最初に「ブログを見ました」とお書き添えいただくとブログ読者の方からの質問とわかりますのでありがたいです。

関連記事一覧

カテゴリー

アーカイブ

検索