英ポンドについて

FX(為替取引)

「ポンド」はイギリスの通貨ですが、イギリスはEUの加盟国でありながら、ヨーロッパの統一通貨であるユーロには参加していません。

通貨としての国際的な地位は、一昔前に比べて低下しているとは言うものの、FXでは取引量が多い通貨でもあります。

 

money-114516_640

 

FXをやっている人にとってのポンドは、とても魅力的であるがために取引量も多いわけですが、反面、リスクを抱えた危険な通貨でもあると言えます。

魅力的と言える面としては、まずスワップポイントが比較的高いことと、値動きが激しいため、買いから入って、そのまま上昇し続けるトレンドに乗れば、これほどおいしいことはないといったところでしょうか。

 

こういったポンドの魅力に取りつかれて、ひたすらポンドに投資し続ける人もいるようですが、下落し続けるというケースもあるわけで、あまりに執着してしまうとあっという間に損益が赤字になってしまう可能性も高く、これほど危険な通貨はありません。

 

ポンドは、その値動きの激しさゆえ、FXでデイトレードをする人にも人気があります。

一時期140円台から150円台の動きであったポンドも、今は180円台あたりで、少しずつ上がったり下がったりしていますが、この値動きの激しさはやはり、FXでデイトレをやっている人にとっては、魔力のようなものなのかもしれません。

 

FX初心者には、少し危険すぎる通貨であり、ある程度の経験と知識が無ければ、かなりリスクが高い通貨であるという認識が一般的です。

デイトレードで人気があることからもわかるように、相場の変動を市場から期待されている通貨のため、指標の影響やほんの些細な情報で相場が急変動することも考えられます。

したがって、ポンドの値動きに影響を与えるような経済指標や情報には精通しておく必要があり、敏感に対応できるような環境を整えておくことも大事でしょう。

 

もしも、これからFXでポンドを中心に投資をしようと考えているなら、チャートだけでタイミングを見計らって安易に手を出すのではなく、上昇、下降の要因となる情報の収集やトレンドの長さなども充分に研究したうえでトレードに臨んだほうがいいかもしれません。

 

韓国現役No1ディーラーによるFX裁量テクニックを期間限定で公開中です!
詳しくは→https://www.progressmind.co.jp/apuro/

お問い合わせや投資に関するご相談はお気軽にコチラまでどうぞ。

関連記事一覧

カテゴリー

アーカイブ

検索