投資家として継続していくために

FX(為替取引), 投資の基本

株式やFXなどの投資の世界に興味を持ち、第一歩を踏み入れるにあたり、リスクを認識するのとは違う意味で、はじめから負けるつもりで投資を行おうとする人は、まず100%いないでしょう。

しかし、有り余るほどの資金力があり、「たとえ負けたしても何とかなる」くらいの精神的な余裕があれば、取引に於ける冷静さを保持できるかもしれませんね。

損切りのタイミングを迷うことなく判断できたり、儲けを焦ることなく、的確なタイミングで冷静な取引を行うことができたり等のプラス面もあるでしょう。

 

torre-cajasol-786180_640

 

ちょっと極端な例を挙げましたが、投資の世界では、何よりも冷静さを保つということが大切だということを理解していただきたいのです。

投資家として息長く継続していくためには、弱気になりすぎては先に進めませんし、逆に強気になりすぎても判断を誤ってしまい良くありません。

 

株式やFXなどの投資の世界において、相場の動向を100パーセント予測するということは不可能に近く、投資を始めた人の中で、数年後にも活動を続けていられる投資家は、ほんのわずかとも言われています。

その時その時の勝ち負けに一喜一憂するのではなく、全体的に収益が上がっているかどうかに視点をおくことが大切で、数年先においても、投資家として取引を継続させていくためには、慎重な中にも冷静な判断が求められるのです。

 

冷静な判断とは、その場その場での行き当たりばったりの判断ではなく、予め決めておいたルールに従った取引ができるかどうかを指します。

ストップロスを必ず置いたり、トレンドに逆らって自分の希望的観測を持ち出したり、リスクを分散し、資金をひとつの銘柄や通貨ペアに集中しないことなどなど、決めておかなければならないルールがあります。

 

その時々の相場の動きに振り回されるのではなく、自分の決めたルールに従って、冷静な取引を繰り返すことこそが、投資の世界で息長く活動できるポイントであることを忘れないでください。

 

投資を始めるにあたって、あなたなりの目標を定め、紙に書いておくというのもいい方法です。

週に1度くらい、その目標を見直してみることで、冷静さを保つ良いきっかけになるかもしれませんね。

 

本当の意味で価値のある投資情報(初心者向け)を無料プレゼント中です!
詳しくは→https://www.progressmind.co.jp/free-gifts/

お問い合わせや投資に関するご相談はお気軽にコチラまでどうぞ。

関連記事一覧

カテゴリー

アーカイブ

検索