FX:通貨選びのポイント

FX(為替取引)

FX取引を行う上では、どの通貨を選ぶかが利益を上げられるかどうかに結びつく、大変重要なポイントになると思います。

たとえば、デイトレーダーの場合には、どの通貨を選んだとしても、スプレッド以外のものでは特に影響が出るということはないと思うのですが、レバレッジを低く抑え、スワップ金利で確実に利益を出そうと思っているような、長期保有型のスタイルを選択したい人にとっては、スワップポイントはかなり重要です。

 

money-515058_640

 

上記のようなスワップポイントも含めて、各通貨にはそれぞれ、メリットや特徴というものがあります。

たとえばアメリカドル(米ドル)は世界の貿易で使われている通貨であり、基軸通貨という呼ばれ方もしています。

世界中の輸出入などで取引をされている通貨ですから、アメリカドルに対してはかなり情報量も大量にあり、かつ流動性も高いため、あまり大きな変動がないということが特徴と言えるでしょう。

 

ただ、以前は「アメリカドルは安全」と言われていましたが、近年これも崩れてきており、以前に比べるとかなり金利が下がっていて、スワップポイントも低くなってきています。

また、ユーロは米ドルの次に人気の通貨で、基軸通貨のひとつでもあるわけですが、米ドルの変動の影響を受けやすいことと、ヨーロッパ10数カ国で使われている公式通貨のため、ユーロ圏内の国の政情にも左右される傾向がありますので注意が必要です。

 

ユーロに加盟していない国のひとつであるイギリスの通貨がポンドですが、高金利が特徴なのですが価格変動がかなり激しいためデイトレード向きではないかと思われます。

 

また、オーストラリアドル(豪ドル)やニュージーランドドル(NZドル)については、近年特に注目と人気が集まっており、金利も高いのが特徴ですが、最近では価格変動の波が大きいようです。

さらに、資源国通貨のため株価の影響を受けやすいという点も念頭に置いておきましょう。

 

スイスフランは上昇を続けている注目すべき通貨ですが、スワップポイントが低く、スプレッドも広いために長期保有型でもなく、デイトレードも難しい通貨です。

そのため日本では、低金利の通貨で高金利の通貨を買う、いわゆるキャリートレードとして使われるケースが多いようです。

 

このように、それぞれの通貨には特徴やメリット、デメリットがありますので、よく考えて自分の投資スタイルに合った通貨を選択するようにしましょう。

 

韓国現役No1ディーラーによるFX裁量テクニックを無料公開中!
詳しくは→https://www.progressmind.co.jp/apuro/

お問い合わせや投資に関するご相談はお気軽にコチラまでどうぞ。

関連記事一覧

カテゴリー

アーカイブ

検索