日経225オプション:ITMとOTM

日経225オプション, 日経225オプション取引

日経225オプションで、利益が発生している状態をITM(イン・ザ・マネー)といいますが、これは原資産である日経225の価格と、権利行使価格に差が生じている状態で、日経225オプションで、利益が生じている状態です。

 

home-office-595476_640

 

日経225オプションの買いの場合、権利行使価格を日経225が上回っているときに利益が生じ、逆に日経225オプションで売りを立てている場合は、権利行使価格のほうが日経225より低い場合に利益が生じます。

この状態が、ITM(イン・ザ・マネー)です。

 

投資家のもとに金が入ってくることから、「イン・ザ・マネー」と呼ばれているわけですから、損益がでたときは、権利行使価格と日経225の差額が生じても、ITMとはいいません。

いかにITMを生じさせるかが、日経225オプションのポイントなのですが、将来的にどのような値動きをするのかは、だれにも予想がつきません。

 

ただ、これまでのデータを総合的にみて、ある程度の予測をたてることもできます。

 

投資とは、多くのデータを集積して分析し、それを投資に反映させていきます。

投資はゲームではありませんが、いかに利益をあげるようにするかには、どんな小さなデータも見逃すことなく、分析していくことが必要です。

 

また、日経225オプションでは、OTMと呼ばれる状態がが起こることもあります。

 

OTMとは、アウト・オブ・ザ・マネーの略で、原資産である日経225と、それを売買する権利行使価格がもっとも近い水準にある状態です。

日経225オプションでいえば、買い、売りともに権利行使価格と日経225がほぼ同じ金額である状態で、この状態になったとき、日経225オプションの本質的価値に変化が生じます。

日経225オプションの本質的価値とは、権利行使価格と日経225の差額によって生じる損益のことで、権利行使価格と日経225がほぼ同額では、本質的価値はゼロということになります。

 

日経225オプションの価格を構成するのは、本質的価値と時間的価値です。

本質的価値がゼロの場合、時間的価値もほとんどないのが一般的で、OTMの状態に入ったとき、損益はゼロと考えてもよく、損失が出ているときに、OTMに入るのはありがたい状況だといえます。

しかし、利益がでているときにOTMに入るのは、投資家にとって悔しい思いをすることになりますから、そのような場合も考え、様々な投資戦略を身につけて、利益を上げられる確率を高めておきましょう。

 

本当に価値ある投資情報を無料プレゼント!(初心者向け)
詳しくは→https://www.progressmind.co.jp/free-gifts/

お問い合わせや投資に関するご相談はお気軽にコチラまでどうぞ。

関連記事一覧

カテゴリー

アーカイブ

検索