株の投資期間について

株初心者向け

株の投資期間は大きく分けると、短期・中期・長期の三つになります。

株の投資をこれから始めようと思っている人は、まず株の投資期間から考えてみるいいでしょう。

 

pocket-watch-598039_640

 

株の投資期間は、投資をする目的によってもそれぞれ違ってきますから、自分が株を始める目的は何なのか、そのことについてよく考えた上で投資期間を決めましょう。

 

短期投資は、当日中の売買から数週間で売買を終わらせるというタイプの投資法で、短期間で株で利益を出すことができるというメリットがありますが、比例して短期間で損失が出てしまうというデメリットがあります。

株の短期投資として知られている投資のタイプとしては、デイトレード、スイングトレード、テクニカル投資法などがあり、資金の回転をスピーディーに行いたい人や短期間で資金を増やしたい人にはお勧めです。

注意すべき点としては、手数料が頻繁にかかるために、手数料を抑えなければコストが多額にかかるということが挙げられます。

 

次に中期投資についてですが、期間としては1か月から2年くらいをめどにした投資法になります。

短期間での株価の変動に左右されませんし、それにこだわらないというメリットがあり、短期の投資に比べるとリスクについてもかなり少ないですし、手数料にかかるコストもほとんどないに等しい状態ですが、中期間で資産を減らしてしまうリスクもありますし資金凍結となるケースもあるのがデメリットです。

バリュー投資法や、グロース投資法、ドル・コスト平均法などが、中期間での投資です。

 

相場状態を見て臨機応変に、利益を出していったり損切りをしていかなければ、いくら中期で保有できると言ってもなかなか利益を出すのは難しいので注意しましょう。

 

そして最後の株の投資期間として長期があります。

中期間の株価の影響にこだわらなくてもいいというメリットがありますし、リスクもさらに低くなり、手数料についてもほとんど無料と考えていいです。

しかしデメリットももちろんあり、投資する会社を失敗してしまえば全然利益につながらないというデメリットがありますし、資金凍結をしてしまうデメリットもあります。

常に安定している大企業へ投資したり、じっくりと自分が決めた会社に資産を預けて株で利益を上げたいと思っている人にお勧めの投資法で、配当金だけでも下手すれば生活出来てしまうという、本来の株の投資タイプです。

 

ただ、いずれの場合も臨機応変というスタンスが大切で、ここは売り時だと思った場合には売ったり、損切りしなければならない時には適切な判断で対応するなどの柔軟性も併せ持っておきましょう。

 

株初心者向け無料メールセミナー(全7回)を好評配信中です!
詳しくは→https://www.progressmind.co.jp/equity-investment/

お問い合わせや投資に関するご相談はお気軽にコチラまでどうぞ。

関連記事一覧

カテゴリー

アーカイブ

検索