日経225を利用した資産運用

日経225オプション取引, 日経225先物取引

日経225を利用した金融商品に投資して、資産運用をする人が増えてきているようです。

日経225を利用した金融商品とは、日経225先物や日経225mini、そして日経225オプションなどの、日本経済新聞が毎日公表している日本を代表する225銘柄の平均株価を原資産とした投資方法のことです。

 

buildings-123780_640

 

実際に証券取引所に上場されている株式は4000近くあるのですが、その中の代表的な225銘柄の平均株価をだすことで、その日の株式市場の値動きがわかる仕組みになっているのですが、この「日経225」が、ひとつの銘柄として大阪証券取引所にあります。

日経225は、平均株価を表す指数なので、現物としての株券などはありませんが、株式のひとつの銘柄と考えればわかりやすいでしょう。

 

日経225を利用した金融商品については、一般的に難しいというイメージが先行しているようですが、取引としてはきわめてシンプルな内容になっています。

実際に現物があるわけではなく、「指数」という形のないものを売買する点がわかりにくさを増長している事は否めませんが、仕組みを理解さえしてしまえばそれほど難しいものではありません。

 

極端な言い方をすれば、「日経平均株価(日経225)」が上がるか、下がるかを予想するだけの投資方法ということになるのですが、最初は「買い」から始まるという固定観念から脱し、相場が下げ傾向の時には「売り」から入ることができるという特徴を生かすことができるようになれば、リスクヘッジの手段として活用することもできるようになりますし、実際そのようにされている投資家の方も多数いらっしゃいます。

 

前述したように、日経225は別名「日経平均株価」とも言われる、一流会社225銘柄から構成される株価指数ですから、日経225を利用した金融商品に投資するということは、優良企業である225の銘柄に分散投資するのと同じ効果が得られる投資法であることも付け加えておきます。

 

投資は、ひと昔前までは企業や一部の投資家たちの行うものでしたが、インターネットの普及にともなって、個人が気軽に参入できる環境が整い、投資のやり方も変わってきました

また、会社設立法の改正により、株式会社の上場単価などが引き下げられたことなども伴って、一般の人々が投資に参加するきっかけとなったとも考えられます。

 

いまや余剰資金は銀行や郵貯に預けるものではなく、資産として運用するものというように変化してきていますが、注意したいのは、投資はすべて自己責任であるということです。

たとえ損失が出たとしても、そのすべてが自己責任であり、どこに文句をいうこともできないということを念頭に置いておきましょう。

 

投資初心者に方へ向けて、本当に価値のある投資情報を無料で進呈しています!
詳しくはこちら→https://www.progressmind.co.jp/free-gifts/

お問い合わせや投資に関するご相談はお気軽にコチラからどうぞ。

関連記事一覧

カテゴリー

アーカイブ

検索