eワラント

オプション用語集

eワラントという言葉を聞いたことがあるでしょうか?

あまりよく知らないという人もいらっしゃるかもしれませんが、これはゴールドマンサックス社が発行していたカバードワラントのひとつで、現在では「eワラント証券株式会社」が提供している金融商品のことをいいます。

 

chocolate-567234_640

 

eワラントは金融派生商品とされていますが、特徴を簡単にいうと、オプションタイプの金融派生商品であること、市場での直接取引ではなく会社によって発行されること、コール型とプット型があり、基本的な仕組みはオプションとほぼ同じであることなどが挙げられ、FXでいうところのレバレッジを利かすことが出来る金融商品です。

 

eワラントには、満期日の設定があり、売買をする期限は決められていますから、満期の日が近づけば、時間的価値が減るということになります。

そして一番大きな特徴は、もしも損をしてしまった場合でも投資した金額が最大の損失になりますから、それ以上の思いがけない損失は出ないので、そういった面では安心です。

 

その他にも、eワラントは商品の種類がとても多いという特徴がありますし、数千円程度の少しの額から投資を始めることが出来るので、誰でも手軽に始められるというメリットがあります。

またeワラントは、証券取引所が間に入っていないため、証券取引所の時間などを気にして取引をすることがないというのも他のオプション取引との違いになるでしょう。

 

このように、eワラントは様々なものが対象になって投資が出来るのですが、日経平均の225採用銘柄についてもその対象となっています。

 

eワラントで利用できる銘柄は、TOPIXやNYダウなども取扱があるのですが、激しい値動きがなければそれほど短期間で値が上がったり下がったりしないということになるため、だいたいの場合には東京証券取引所にある日経平均225の採用銘柄となっています。

価格が下がってしまえば、かなり大幅な下落をするというデメリットはありますが、日経平均225の銘柄の中には世界的な大企業や資源株という名前がついた原油や天然ガス、電気といった銘柄などもあります。

したがって、対象原資産を持っている株主がたくさんいるというメリットがあるため急激な株価の動きが少なく、相場の予想を立てやすいという理由で、eワラントでも利用されているのです。

 

eワラントの特徴は色々とあるのですが、なんといっても値の動きが急激に変わることが一つあげられます。国内の株式eワラントの特例では3時以降にスプレッドが2倍になるということもあります。

 

投資初心者の方に向けて、価値ある投資情報を無料で進呈しています。
詳しくはこちら→https://www.progressmind.co.jp/free-gifts/

お問い合わせや投資に関するご相談はお気軽にコチラからどうぞ。

関連記事一覧

カテゴリー

アーカイブ

検索