NYダウとナスダック

株初心者向け

株式投資を行っていてよく眼にする言葉に、NYダウとナスダックというものがあります。

ここでは、この2つの概要を簡単に説明していきます。

 

manhattan-268280_640

NYダウ

NYダウとは、アメリカの株の動きを示す代表的な株価指数のことです。

日本の株価にも大きく影響することが多く、株価のニュースなどでは、日経平均とともに、必ず株価が伝えられます。

 

アメリカのニュース通信社ダウ・ジョーンズ社が1896年に12銘柄による平均株価として始め、現在は1928年から始まった30銘柄から計算した平均株価になっています。

NYダウに採用されている30の銘柄は、世界的にも有名な優良企業ばかりなので、世界を代表する株価である、ということが出来ます。

ダウ平均株価、ダウ工業株30種平均、ニューヨーク株価平均、などとも呼ばれ、30種の銘柄は時代に合わせて入れ替えが行われています。

 

工業株30種と銘打っていますが、工業株以外の物も、30種の中には含まれています。

日本でもお馴染みのマクドナルド社、マイクロソフト社、P&G、アメリカン・エキスプレス、ジョンソン・エンド・ジョンソンなども含まれていますが、算出が始まって以来、現在まで継続して構成銘柄に残っているのは、ゼネラル・エレクトリック社のみとなっています。

株価の算出方法は、原則的には各銘柄の株価を足して、銘柄数で割った単純計算となっています。

 

ナスダック

ナスダック(NASDAQ)とは、全米証券業協会(NASD)が運営する店頭株市場のことで、NY市場と並ぶアメリカの代表的な株式市場であり、日本でもその名前はよく聞かれます。

ナスダックとは(National Association of Securities Dealers Automated Quotations)の略で、取引所がない店頭取引のシステムによる市場で、マイクロソフトやインテルなど、アメリカを代表するような、また世界的に知られているようなハイテク株が上場しています。

 

しかし株式公開の基準が緩いので、創業間もない企業やベンチャー企業も資金調達のために数多く登録しています。

ナスダック市場の動きを示す株価指数であるナスダック指数は、NYダウとともに、世界市場に大きな影響力を持ちます。

 

2000年に、NASDが大阪証券取引所と提携して、ベンチャー企業などの新興企業向けの株式市場ナスダックジャパンを創設しましたが、IT不況などで不振が続き、2002年にヘラクレスという名に変え、大阪証券取引所が独自に運営していました。

しかし2010年10月に、運営するヘラクレス NEOと、新興企業向け市場のジャスダックを統合し、ナスダックを目標として掲げた「新ジャスダック」となり、新興企業やIT企業などの株が上場しています。

 

株初心者の方に向けて、価値ある投資情報を無料で進呈しています!
詳しくはこちら→https://www.progressmind.co.jp/free-gifts/

お問い合わせや投資に関するご相談はお気軽にコチラからどうぞ。

関連記事一覧

カテゴリー

アーカイブ

検索