Blog
2014年12月8日 株初心者向け, 株式投資

株のポジショントレード

株のポジショントレードというのは、短期投資のジャンルに入るものの、デイトレードよりもかなり長めに株を保有して取引をする方法のことを言います。

だいたい期間にすると数週間から数か月くらいの期間で株を保有して売買をするというのが一般的ですが、期間自体が重要なのではなく、保有する株の銘柄を入れ替えながらの投資法のため、それだけの期間がかかるということです。

 

castle-442545_640

 

ポジショントレードは、一般的には数種類の銘柄を保有しておき、値が上がった銘柄は売って利益を確定し、また次の値が上がりそうな銘柄を買い入れるというように、少しずつ保有する銘柄をローテーションしながら株の投資を進めていくという投資の方法です。

株をいくつか持っていて、銘柄を入れ替えながらの株投資法というわけですが、株の相場が良い場合には、ポジショントレードでの売買取引は良い方法だと思いますが、もしも株の相場が弱っているときにポジショントレードをすると、損をする日がどんどん増えてしまって、結局は大損してしまうというケースも多く見受けられますから、分析力と経験が必要なことは言うまでもありません。

 

ただ、リスクを分散させるという視点で見ると優れた投資法で、ひとつの銘柄に資金を集中させるのではなく、複数の銘柄に資金を分散して、利益が確定した銘柄は売却し、また次の銘柄を購入するということを淡々と行っていけば、自然とポジショントレードを行っていたということになると思います。

長期に優良安定株を保有して、配当金や株主優待を狙う投資法と違い、ポジショントレードは複数の銘柄を安く買って高く売ることを繰り返して差益を積み重ねていく投資法ですから、特に初心者の方は損失が膨らむことやリスクがあるということをよく理解した上で、ポジションをいくつか持とうと考えた方がいいでしょう。

 

いきなり複数の銘柄に投資して、ポジショントレードを始めようとするのではなく、まずはひとつの銘柄でポジショントレードよりも短い期間での株取引を行うスイングトレードで経験を重ねた後に、徐々にポジショントレードに移行していくというのが賢いやり方かもしれません。

 

ある銘柄を安値のときに購入して、最高値をつけたときに売ることで、かなり大きな利益が出ます。

初心者の方で、手軽に2日から1週間くらいの保有で株の売買をしてみたいと思っている人は、一度スイングトレードを検討してみるといいかもしれませんね。

 

ポジショントレードのように、銘柄を入れ替えながらポジションを回していくという投資というのは、やってみると意外に難しいものですので注意しましょう。

 

株初心者の方のための無料メールセミナー(全7回)を好評配信中です!
詳しくはこちらから→https://www.progressmind.co.jp/equity-investment/

お問い合わせや投資に関するご相談はお気軽にコチラからどうぞ。

カテゴリー

アーカイブ

Copyright© - プログレスマインド・オフィシャルブログ All Rights Reserved.