Blog
2014年11月4日 株初心者向け, 株式投資

リスクを抑えて株に投資する方法

株に投資する方法としては、株式の現物を売買する方法が一般的なのですが、それとは別に投資信託という方法もあります。

投資信託というのは、個人で投資して運用していくのではなく、たくさんの投資家からお金を集めて「ファンド」と呼ばれるものを作り、そのファンドで数多くの株式や債券に投資する方法です。

 

tree-66465_640

 

投資信託のメリットは、個人で一つの株式や債券だけに投資するよりも、リスクを少なくすることが出来るという点です。

集まった投資資金を実際に運用するのはプロのファンドマネージャーであり、どの株式や債券に投資をすれば期待する収益が上げられるかということを、プロの視点で考えて行っているために、そういった面においても、個人でするよりもリスクが軽減されるところだと思います。

 

たとえ少ない資金であっても、大きな資金で行う投資と同様、たくさんの投資対象に分散投資が出来るうえに、投資のプロのサービスを受けられるという仕組みの投資信託には、個人の投資傾向によって、様々な商品があります。

株式投資をメインとした投資信託には、主に国内の株式に投資する国内株式型や外国株式に投資する国際株式型、また株価指数インデックスなどに連動する運用成果を目指すインデックス型、国内の特定の業種の株式に投資する業種別インデックス型などがあります。

投資信託の商品を購入するのは証券会社のほかに、銀行や保険会社、また郵便局などの金融機関で扱っています。

 

注意が必要なのは、投資信託の運用は市場の動向によって変動しますから、投資信託の運用がうまくいけば利益が得られますが、運用がうまくいかなければ、損をすることもあるという点です。

通常の銀行預金などとは違い、投資信託の運用によって発生する損益はすべて、投資額に応じて、それぞれの投資家の自己責任となるわけです。

 

小資金の人であっても買いたい銘柄に手が届くシステムとしては、ミニ株と呼ばれるものもあります。

ミニ株は通常の十分の一の株数から買うことが出来ますので、小資金でも多くの銘柄に分散投資することが出来ます。

資金が100万円必要な取引であっても、ミニ株であれば十分の一の資金で買えるので、10万円の投資で手が届かなかった銘柄にも手が届き、たくさんの株を買うことも可能で、配当金ももらえます。

指値注文が出来ない、株主優待が受けられないなどのデメリットもありますが、株投資を始めようかどうか迷っている方にとっては、ミニ株はお勧めの投資方法だと思います。

 

各種ファンドの組成については、弊社におきましても金融商品取引法に基づいてファンドを組成し、運用業務も行っております。

為替(FX)、日経225オプションをメインに最適なポートフォリオを構築し、投資家様よりお預け入れ頂いた大事な資金を慎重に運用いたしまして、毎月利益を還元すべく、最大限の努力と業界最高レベルのサービスをご提供致しております。

弊社ホームページから詳細をご確認ください。

カテゴリー

アーカイブ

Copyright© - プログレスマインド・オフィシャルブログ All Rights Reserved.