日経225先物と更新値幅

日経225オプション, 日経225先物取引

日経225先物に限らず、投資関連の取り引きでは、安く買って高く売ると考える人たちがひしめきあっている世界なわけですが、かといって市場の欲求に任せた取り引きばかりになってしまえば、市場の安定性と継続性が危うくなってしまいます。

そこで、市場が白熱した場合に安定性を取り戻すために、何らかの制限が取られる場合があります。

 

wave-breakers-390780_640

 

まず、日経225先物や日経225miniまた日経225オプションにも株式市場と同様に更新値幅が設けられています。

更新値幅とは、一回に動く値幅のことで、株価の乱高下を防ぎ、株価を一定の幅に維持するための措置です。

日経225先物や日経225mini、日経225オプションなどでは、更新値幅を上回って取引が成立しそうなときは特別気配を表示し、更新値幅の間で気配値を更新して注文条件に近づけていき、売買の成立を促されます。

 

また、日経225先物や日経225miniでは「サーキット・ブレーカー」という措置を取られる場合もあります。

これは取り引きが過熱して急激な価格の変動があった場合に、大阪証券取引所によって取り引きを一時的に中断することです。

更新値幅を大幅に上回って先物取引が急騰または急落した場合、1日2回を限度に取り引きが15分間中断され、この措置によって、投資家たちの過熱感を静め、冷静な投資判断をしてもらうことを目的としたものです。

 

取り引きが過熱してくると、それに引きずられて、経験豊富な熟練した投資家であっても冷静な判断がしにくくなります。

そのため取り引きを一時的に中断することによって、投資家たちの熱を冷まし、いつものような冷静な判断ができるようにしているわけです。

 

気をつけなければならないのは、このように市場が大きく変動した場合、SPAN証拠金が引き上げられる場合があり、証拠金が不足してしまう可能性が出てくるということです。

証拠金が不足したときには、「追証(おいしょう)」と呼ばれる追加の証拠金が必要になりますので注意しましょう。

 

人間が行っている以上、相場は生き物であり、どのような値動きをするかわかりません。

日経225は急激な値動きのあまりないのが特徴ですが、社会情勢の影響などでゆっくりと値動きが進んでいくケースもあり、結果的に証拠金が不足し、追証を入れなければならないという場合もあります。

 

投資初心者の方に向けて、価値ある投資情報を無料で進呈しています!
詳しくはこちら→https://www.progressmind.co.jp/free-gifts/

お問合せや投資に関するご相談は、お気軽にコチラまでどうぞ。

関連記事一覧

カテゴリー

アーカイブ

検索