日経225先物と株式投資との違い

投資の基本, 日経225先物取引

日経225先物と株式投資はよく似ているので、何が違うのかがわからない方も多いことでしょう。

ここでは株式投資と日経225先物の違いと言うのは何なのか、ということについて紹介して行きたいと思います。

 

kuang-si-falls-463925_640

 

まず一つ目の違いとしては、日経225先物には予め設定された期限が決められています。

一般的な株式投資では、長期的に保有して株の価格が上がるのを待って売却したり、あるいは短中期的に保有して取り引き回数を増やしたり等、ある程度自分の都合で保有する期間や売買のタイミングを調整してみることができますが、日経225先物は先物取引ですから、取り引きの期限が満期までと決められているわけです。

したがって、株式投資で万が一含み損を負っていたとしても、そのまま保有して手放さなければ、もしかすると将来利益を得るタイミングがまた訪れるかもしれませんが、日経225先物の場合には満期がくれば自動的に決済されてしまいますので、大きな損失被る可能性もあります。

しかし満期までの間であれば、市場での売買を株と同じ様に行うことは出来ます。

 

次に株式投資にはない「証拠金」を証券会社に預け入れる事により取引が可能という特徴があり、担保としての証拠金を預けた上で、少ない資金からでも取引が可能と言うことが違っています。

たとえば株式投資を始める場合には、100万円分の株が欲しければ、100万円の現金を用意しなければ始めることができませんが、日経225先物の場合には、100万円用意しなくても、証拠金として数万円程度を証券会社に預け入れておけば取引をすることができるというメリットがあります。(日経225miniの場合)

 

そして株式投資との大きな違いとして、売りのポジションから入れるという点が挙げられます。

通常の株式取り引きでは株を「買う」というポジションから入るわけですが、日経225先物では、この先相場が下落すると予想した場合「売り」のポジションから入り、予想通り相場が下落した場合は買戻すことで利益を得ることができるわけです。

 

日経225先物は日経平均株価という「株価指数」を予想して行う取引ですので、個別の銘柄を選択し分析を行なって取り引きする現物の株式投資に比べ、相場の見方が比較的容易であるというメリットもあります。

 

このように、株式投資と日経225先物は違っている点が数多くあり、ぞれぞれにメリット、デメリットもありますので、よく理解した上で取引を始めるようにしましょう。

 

初心者の方に向けて、価値ある投資情報を無料で進呈しています!
詳しくはこちら→https://www.progressmind.co.jp/free-gifts/

お問合せや投資に関するご相談はお気軽にコチラまでどうぞ。

関連記事一覧

カテゴリー

アーカイブ

検索