株の出来高とは

株初心者向け, 株式投資

株の出来高とは、市場で売買が決まった「株の数」のことをいいます。

 

具体的には、Aという銘柄を買いたい人と売りたい人が市場で1000株取り引きしたとします。

この場合の株の出来高は、取引された株の数を表わすわけですから1000株ということになるわけです。

出来高が多いということはそれだけ取引が活発に行われている株ということであり、その会社の業績が良いとか、逆にその会社の業績悪化が目立ったといったことがわかります。

 

apple-tree-429213_640

 

株価に影響を与えるようなニュースが出れば、そのニュースに関連する株を買いたいと思う人や株を売りたいという人が集中するため、株の売買が積極的に行われて出来高が増えるという結果になります。

注目されている会社の株や今後株価が上がっていくと予想されている株であれば出来高が増えることになりますし、逆に株の出来高が減ってきた場合には、注目度が下がったとか、これから先値段が下がる可能性がある株ということになるのです。

 

株の出来高をチェックすることで、今後の株の値動きを予想することも可能です。

その日の株の出来高は、ヤフーファイナンスなどの「出来高ランキング」といったサイトで確認することができます。

 

ただ、こういったランキングなどをチェックして、出来高が増えた銘柄を中心に選ぶという方法を思いつかれるかもしれませんが、実際には、このランキングの出来高だけを見て、銘柄を探しても意味がないケースがあります。

株の取り引き単位として単元株というのがあるのですが、同じ1000人が売買をした場合であっても、単元株が1株で1売買成立させた出来高と、単元株が100株で1売買成立させた場合では、出来高の数が大きく違ってきます。

このように、株の出来高を見て株の銘柄を選ぶ場合には、単元株数を一緒にしなければいけませんし、出来高を見るだけでは単元株が低めの銘柄を探すことが難しくなるのです。

 

とはいえ、株の出来高はこれから先の相場の動きの指標になりますし、出来高の増加率をチェックすることで、今後値上がりするであろう銘柄を見つけ出すことも可能になります。

 

株初心者の方に向けた無料メールセミナー(全7回)を好評配信中です!
詳しくはこちら→https://www.progressmind.co.jp/equity-investment/

お問合せ、ご相談はお気軽にコチラまでどうぞ。

関連記事一覧

カテゴリー

アーカイブ

検索