株の一般口座と特定口座

株初心者向け, 株式投資

株取引を始めるためには、まず口座の開設が必要ですが、その際一般口座を選ぶのか、それとも特定口座を選ぶのかを考えて選択する必要があります。

口座の種類には一般口座と特定口座がありますが、特定口座ではさらに源泉徴収ありなのか、源泉徴収なしなのかを選択しなければなりません。

初心者の方にはちょっと複雑で、どれを選べばいいのかわからないということもあると思いますが、今後株で利益を出していくことで「納税」という義務が発生しますから、よく考えて選択すべきです。

 

tax-office-233345_640

 

一般口座と特定口座の違いですが、まず株式投資での利益にかかる税金の支払い方法が違っています。

 

一般口座の場合では、株の売買に伴う年間取引報告書を自分で作成し、税務署に確定申告をして必要な税金を納付することになります。

確定申告などの手続きを自分でやらなくてはいけない点が面倒ですが、税金の特例適応の対象になります。

「特定口座源泉徴収あり」に比べると毎月税金が徴収されることもありませんので、確定申告をするまでの間は資金として手元で運用可能であるというメリットがあります。

会社勤めのサラリーマンの方で給与所得があるという場合には、譲渡益が1年間に20万円未満の場合には税金が免除になっていますから、株の取り引きの回数が少なくて、1年間の譲渡益が20万円未満になるという場合には、一般口座を選んだほうがいいでしょう。

 

では特定口座はどうでしょうか。

特定口座の「源泉徴収なし」を選択すると、証券会社から送られてくる年間取引報告書を使って、簡単に確定申告することが可能です。

ただ、簡単に確定申告をすることができるのですが、申告自体は自分でしなければいけないという手間が残りますし、税金の特例の適用外になるというデメリットがあります。

メリットとしては、源泉徴収はされないため毎月税金が天引きされることがなく、確定申告の間際まで資金として運用可能で、尚且つ確定申告の手続きが簡単であるという点ですね。

 

では特定口座の「源泉徴収あり」にした場合はどうでしょうか。

特定口座の「源泉徴収あり」にすると確定申告をしなくても済み、毎月一定額が税金として天引きされますが、自分で確定申告をしなくてもいいというメリットがあります。

デメリットは、税金の特例が受けられないことと、その年度内での譲渡益が20万円以下だったとしても、源泉徴収された税金の還付は受けられないという点です。

 

初心者の方の中でも、特に給与所得者やパート収入がある主婦の方が株の口座を選ぶ際には、節税という面でもとても気になるところですから、しっかり種類を考えて自分に合った口座を選ぶようにしましょう。

 

株初心者にとって価値のある投資情報を無料で進呈しています。
詳しくはこちら→https://www.progressmind.co.jp/free-gifts/

お問合せ、ご相談はお気軽にコチラまでどうぞ。

関連記事一覧

カテゴリー

アーカイブ

検索