会社四季報は必ずチェック【其の一】

ファンダメンタルズ, 株初心者向け, 株式投資

株取引をしている人にとって、必携の書と言えるものの一つに「四季報」があります。

株取り引きをしている人の間で四季報といえば、東洋経済新報社が出している「会社四季報」であるというくらい有名な出版物で、これを一度も見ないで株取り引きをした事がある人はいないのではないでしょうか。

 

read-316508_640

 

「そんなに会社四季報をみんなが見ているのであれば、今さら自分が見ても仕方がないのではないか?」と思われるかもしれませんが、それは違います。

株取り引きをしている人が、会社四季報を必ずチェックするというのには、ちゃんとした訳があるのです。

それは、公正で正確な情報が掲載されている、という点です。

正確なデータであると共に、公正で信頼が置けるデータであることから、会社四季報は株主たちにとっては欠かせない情報源となっているのです。

 

この会社四季報に掲載されているデータは発行元である東洋経済新報社が独自に調査したデータであり、とても客観的な観点から書かれていることにより、偏よった見方がされていないので参考にしやすいというメリットがあります。

投資家の中には、四季報が販売されれば即購入し、全ての情報を確認するという人も多く、プロのアナリストでさえも重要な情報源としてチェックしているようです。

 

熟練した投資家であれば、四季報を見て有益な情報があった場合、投資の判断を変えるというようなこともあるようですが、かなり膨大な情報なので、初心者の方にとっては少し難しいと感じるかもしれません。

初心者の方が簡単に四季報を参考にするとすれば、既に保有している銘柄や購入しようか迷っている銘柄のチェックをするだけでもいいと思いますし、その銘柄の関連会社や同じジャンルの会社なども同時にチェックしておくと俯瞰的な視点からチェックすることができます。

膨大な情報の中から何をチェックすればいいのか迷うかもしれませんが、太字で「大幅増益」と書かれていたり、「続伸」といったコメントがついているものがあると思いますので、それらは必ず確認しておくといいかもしれません。

その他にも「業績予想欄」などもチェックしておくと、とても参考になると思います。

 

また、会社四季報のWEB版も公開されていますので、日々チェックしておくべき情報源のひとつに加えておくとよいでしょう。

会社四季報オンライン

 

株初心者向けの無料メールセミナー(全7回)を好評配信中です!
詳しくは→https://www.progressmind.co.jp/equity-investment/

お問合せ、ご相談はお気軽にコチラまでどうぞ。

関連記事一覧

カテゴリー

アーカイブ

検索